うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

うつ病の原因

 

 

うつ病の根幹にある『自分の思い通りにしようとする意識』

下部に専門的なうつ病の原因の詳細は載せるが、しかしその前に考えたいのは、うつ病でもあがり症でも吃音症でも、まず最初に『自分の思い通りにしようとする意識』が最初にあり、そしてその現実とのギャップに打ち砕かれているという事実についてである。

 

 

うつ病の分類。なりやすい人と季節の関係

このようなタイプは『タイプA』と言われていて、まじめで完璧主義な人が多い。いいかげん=いい加減という図式を理解することが大事だという。『病気を準備している』とまで言われ、『病前性格』といい、病気にかかりやすい性格とされる。

 

 

うつ病の改善に為に薬よりも重要な事実があることを知る

1999年に『うつ病は心のかぜ』というキャンペーンがあった。それで広く認知されるようになり、『うつ病患者が増えている』という統計データに繋がっているという。これは、自己破産の件と同じケースだ。

 

 

抗うつ薬が売れる背景にある本当の事実とは

『うつ病患者が増えた理由とは』にも書いた様に、例えば、『情報の感染(インフラ整備)』によって、そこに対策として商品を出す。するとそれが売れる。市場確保の戦略だ、という考え方は、『抗うつ薬バブルの折れ線グラフ』を分析してもうなづける話である。

 

 

『自分だけはうつにならない』と思うのは勝手だ。だが…

『真面目で完璧主義がうつになる。だが、完璧な人間など最初からいない』にも書いた様に、うつになる人の傾向というものがある。それがタイトル通り、真面目で完璧主義な性格の人だということだ。

 

 

自分をうつと認めないことは、うつ病である証拠だ

私の母親は、うつ病ではない。なぜなら、『私はうつ病だ』という発言をしたことを一度も見たことがないからである。

 

 

うつの原因は『世の中に置いてかれたくない』という恐怖や執着

これを考えた時見えてくるのは、『うつはアウトサイド・インだ』という事実である。この言葉で終われれば説明は簡単なのだが、わからない人のために説明するとなると、長く書かなければならない。

 

 

うつの原因は自分の奥底にあるその『カギがかかっている箱』の中にある

これらの記事と併せて考えていきたい。もちろん、様々なケースがあるからこの例だけではない。だが、今回のテーマは『うつの原因は自分の奥底にあるそのカギがかかっている箱の中にある』だ。

 

 

うつが他人の助けが必要な理由がちゃんとある

例えば、うつや虐めや精神的問題によって自殺してしまった人の遺族が、『なぜ相談してくれなかったんだ』と嘆き、悲しむケースがある。

 

 

うつと風邪は似ている。だから『うつは心の風邪』なのか。

起きたら頭痛やらのどの痛みやら、お金、仕事、人間関係などの溜まっている現実に様々な問題がすぐに浮上してきて、『重荷』を感じてだるさが悪化する。

 

 

うつの原因は隠蔽体質。そもそも、隠蔽という意味を理解するべきだ

『うつの原因は自分の奥底にあるそのカギがかかっている箱の中にある』の記事に書いたが、やはり、人間というものはなるべく見たくない景色は見たくない。

 

 

『べき・ねば』の考え方はうつの原因。

『真面目で完璧主義がうつになる。だが、完璧な人間など最初からいない』の記事に書いたが、真面目で完璧主義な性格である人が、うつになりやすいといわれている。

 

 

うつの原因ストレス。それを特に受けやすい4つの性格とは

責任感が強く、頼まれたことはやり遂げたいと思う性格。従って、それをやり遂げた時に快感を得て、やり遂げられなかった時に不快感を得る。

 

 

うつの原因のストレスは、想像以上に対策をした方が良い

人生を生きていれば必ず何かしらのストレスは負うことになるわけだから、このストレスに対する対処法は、必ず最適化しなければならない。

 

 

うつの原因は『無理をする』ことだが、その具体的な意味とは

特に必要なのは、『うつ病克服の重要キーワード。『不一致』と『ストレッサー』』の記事を見ることだ。正直これは本当に重要キーワードで、風船にストレッサーを与えると、自らの形を歪ませてバランスを保とうとする。

 

 

うつの原因『結婚』。マリッジブルーの考え方

これは、『うつ病の改善に為に薬よりも重要な事実があることを知る 』 にも書いたが、人間は、『自分が本来望んでいる理想像と現実の不一致』が心理的ストレスを感じる生き物なのだ。

 

 

うつの原因『昇進』。責任の増大と目的の達成

いや、給料は上がるし、外聞や体裁もいい。地位、名誉、財力を手に入れることは人間の悦びに繋がっていて、人生の成功とそれらとは切っても切り離せないものだ。だからかけ離れているわけがない。

 

 

うつの原因『引っ越し』。過去の記憶の否定と執着

つまり、ならないなら、Noだ。自分が本来望んでいる姿が、引っ越し後のリフレッシュかつある種リセットされた新鮮な自分である場合は、

 

 

うつの原因『子供の独立』。子供に対する愛情と執着

ということは、『自分が本来望んでいる姿』が、子供が独立する現実とはかけ離れているということだろうか。

 

 

役割変化によるうつ的症状は、本人がそれを望んでいても起こる?

上記の記事に、『なぜなら、最初からそれが自分の初期設定だったからだ。』というキーワードを散りばめている。要は、『最初から子供が独立し、引っ越しをし、昇進して部下が増えることを望んでいたなら、うつにはならない』と書いた。

 

 

病気がうつを招く。それは『当たり前』のことだ。むしろ喜ぶべき

これは、『うつ病の改善に為に薬よりも重要な事実があることを知る 』 にも書いたが、人間は、『自分が本来望んでいる理想像と現実の不一致』が心理的ストレスを感じる生き物なのだ。

 

 

うつになった原因を探すのは『神話』か『根本解決』か

世の中には、家族や家庭環境が心の傷を作り、それが後年心の病や異常行動となって表れるという『神話』が流布しています。これは、フロイトから始まった『精神分析』の理論と、その理論に基づいて心の病を治療する『精神分析法』の影響だと考えられます。

 

 

認知の歪みとは うつの人によくある11の偏った考え方・思考の誤り

うつ病にとっても大きな影響を及ぼす『認知の歪み』とはどういうものなのだろうか。ここでは、『認知行動療法入門 短期療法の観点から』(金剛出版)『うつ 家族ができること』(池田書店)を参考にして、その内容を引用する。

 

 

うつは病気か甘えか

うつの人が病気か甘えかということについては、断言できない部分がある。例えば、うつによって自殺した人が身内でいたとしたらどうか。

 

 

うつ病になりやすい性格の共通点。ほんとうに『真面目』?

1.ドイツの精神医学者、クレッチマーが提唱した、『循環気質』。2.ドイツの精神医学者、テレンバッハが提唱した、『メランコリー親和型性格』。

 

 

うつになる原因はストレッサーとストレスの許容量

『うつ病克服の重要キーワード。『不一致』と『ストレッサー』』にも書いたが、『ストレッサー』とは、生体に有害な影響を与える外的刺激や環境刺激(外圧)のことをいう。

 

 

臨戦モードと休息モードの正常なバランスがうつ回避のポイント

『うつになる原因はストレッサーとストレスの許容量』にも書いたが、人間にストレッサー(外圧)がかかるとそれを元に戻そうとする反発力が生まれる。だが、その反発力を超えるストレッサーの場合、最悪の場合は死に至ることもあるわけだ。

 

 

ストレスを負って病気やうつになるまでの三段階

『もし私がこれらの休息モードを大事にしようとしないと、私の張りつめられた神経は次第にすり減り、心身は疲弊していくだろう。』

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

あがり症

あがり症

あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP