うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

うつの原因は『無理をする』ことだが、その具体的な意味とは

 

質問

うつの原因は『無理をする』ことって言うけど、何をどうすれば『無理をする』ことになるの?

 

答え

簡単に言えば、自分が本来望んでいる理想像と現実の不一致です。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

自分の心底の本音が『それを望んでいる』のであれば、それは無理にはならないよね!例えば、エベレスト登山をすることに、人生を懸けている人だったら、たとえ命がそこで尽きても本望かもしれない!

ぴよぴよ(でも、心からそれを望んでいなければ、それは『無理をしている』ことになるってことっすね)!

 

目次

 

  • 自分が本来望んでいる理想像と現実の不一致
  • 身体は自分の心底の本音を知っている
  •  

     

    目次

     

     

    自分が本来望んでいる理想像と現実の不一致

     

  • うつ病克服の重要キーワード。『不一致』と『ストレッサー』
  • うつ病の克服に最も重要なキーワード『重荷を取って軽くする』
  • うつの時は自分のペースを掴むことが大切だ
  •  

    と併せて考えていきたい。特に必要なのは、『うつ病克服の重要キーワード。『不一致』と『ストレッサー』』の記事を見ることだ。

     

    正直これは本当に重要キーワードで、風船にストレッサーを与えると、自らの形を歪ませてバランスを保とうとする。同時に、ゆがみを補正して元の形に戻ろうとする反発力が生まれる。外的刺激に対する生命体の緊急反応は、この反発力に当たる。

     

    これは、『うつ病の改善に為に薬よりも重要な事実があることを知る 』 にも書いたが、人間は、『自分が本来望んでいる理想像と現実の不一致』が心理的ストレスを感じる生き物なのだ。

     

    うつ病治療

     

    つまり、この『無理をする』ということで考えた倍、風船はストレッサーを与えらえれ、本来の形を一時的に失った。だが、その中で必死に形を歪ませてバランスを保とうとするが、同時に、(早く元に戻りたい)という動きがあらわれ、その戻れない状態のままでいることを、『負担 』だと感じているのである。

     

    つまり、『無理をしている』のだ。早く、元の位置に戻りたい。その状態のままでいることは、窮屈なのだ。

     

    うつ病治療

     

    ニワトリ

    自分の心身のストレッサー、つまり負荷を与えると、風船と同じように元の形に戻ろうとする。それが軽い負荷ならいいんだ!筋肉だって負荷を与えられ、それが回復することで強化されるわけだからね!

    ぴよぴよ(限度があるんすね)!

    人によってその限度は違うから、自分の心身とよく相談することが大事だよ!

     

     

    この章のまとめ
  • 人間は、『自分が本来望んでいる理想像と現実の不一致』が心理的ストレスを感じる生き物。
  •  

     

    身体は自分の心底の本音を知っている

     

    よく、嫌いな人と一緒にいると窮屈さを覚える。あれも同じことだ。また、恋人関係で言えば、最初は好きだったが、嫌いになってしまい、あるいはほかに好きな人が出来てしまい、もう気持ちが完全にその人の方に向いている。

     

    そういう時、現在の恋人と一緒にいる時間は苦痛であり、喜びの脳内物質は出ない。それよりも、窮屈さを覚える。自分の本心と現実が『不一致』だからだ。そこには、『無理をしている』自分がいる。

     

    だが、その無理をやめ、好きになった人の側にいくと、心底から喜びに満ち溢れ、生き生きとすることができる。このケースの人間関係の具体的な話は置いておいて、まずはこういうイメージを持つと、(確かにそういうことはあるな)という風に思えるはずである。

     

    同じ考え方で、

     

  • 恋愛
  • 仕事
  • 勉強
  • 通学・通勤
  • 食事
  • 体型
  • 人間関係
  • 信仰
  •  

    うつ病治療

     

    など、様々なものの『最適化』をして、自分の心底の声と『一致』させることは、人間に心身に大きな良い影響を与える。

     

    例えば、太った人が、太った人を集めて、デブを正当化していた。だが、ある日その一人がマラソン中に気を失い、生死をさまよった。その後彼は、ダイエットをした。つまり、本当はダイエットをして健全な食生活をした方がいいと思っていた。

     

    しかし、その本音を心底にしまい込み、表層に出すのは現在の自堕落な自分の正当化だった。そういう仲間を集め、傷をなめ合えば、自分の現在の姿は正当化される。しかし、実はそれらの行動は『不一致』だった。だから体にガタが来たのだ。

     

    このイメージを持ちたい。

     

     

     

    ニワトリ

    自分の心底の声に従わないで、隠蔽したり、逆らってしまうと、不思議なことに体に異変が起きるようになるよ!これはその恋愛の話でもそうだけど、他にもたくさんそういう話があるんだ!

    ぴよぴよ(親分が下記にリンクを貼ったっす)!

     

    Check!!

    思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

    自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。

     

     

    この章のまとめ
  • 身体は自分の心底の本音を知っている。
  •  

     

     

    関連記事

  • うつの原因『結婚』。マリッジブルーの考え方
  • うつの原因『昇進』。責任の増大と目的の達成
  • うつの原因『引っ越し』。過去の記憶の否定と執着
  • うつの原因『子供の独立』。子供に対する愛情と執着
  • 役割変化によるうつ的症状は、本人がそれを望んでいても起こる?
  • 病気がうつを招く。それは『当たり前』のことだ。むしろ喜ぶべき
  • うつになった原因を探すのは『神話』か『根本解決』か
  • 認知の歪みとは うつの人によくある11の偏った考え方・思考の誤り
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP