うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

うつの原因『結婚』。マリッジブルーの考え方

 

質問

マリッジブルーの対処法ってどんなものがある?

 

答え

奇跡の数字、300兆分の1を考えてみましょう。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

結婚をするときにかかる軽いうつ病、マリッジブルーは、明るい方向に向かってはいるから重さは軽いけど、うつの一種だと考えられているよ!今回はマリッジブルーの対処法について、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • シンデレラストーリーを夢見て
  • 300兆分の1の奇跡
  •  

     

    目次

     

     

    シンデレラストーリーを夢見て

     

  • うつ病の根幹にある『自分の思い通りにしようとする意識』
  • 『べき・ねば』の考え方はうつの原因。
  • うつの原因は『無理をする』ことだが、その具体的な意味とは
  • うつ病克服の重要キーワード。『不一致』と『ストレッサー』
  •  

    と併せて考えていきたい。これは、『うつ病の改善に為に薬よりも重要な事実があることを知る 』 にも書いたが、人間は、『自分が本来望んでいる理想像と現実の不一致』が心理的ストレスを感じる生き物なのだ。従って、この『結婚』というキーワードで考えた場合、もう、後には退けないわけである。

     

    うつ病治療

     

    離婚という選択肢を取れば別に道はできるが、しかし、基本的には離婚をする目的では結婚をしない。するのは往々にして、『自分の運命の人だと思う』からこそ、そうするのである。

     

    マリッジブルーになるのは男性よりも女性の方が多い印象がある。そこからはやはり、女性の方が結婚相手に『白馬の王子さま』たる理想像を明確に思い描いているからであり、ロマンチストな一面があるからという解釈が出来る。

     

    またもう一つの解釈としてはこういうものがある。とある学者は言う。

    『結婚、というテーマで絵を描いてみてと言うとほとんどの男性が『結婚後、幸せそうに食卓を囲むような絵』を描くが、ほとんどの女性は『ゴールテープを切って幸せそうにほほ笑む自分の絵』を描いた。男性にとって結婚はスタートで、女性にとって結婚はゴールなのかもしれません。』

     

     

    これを考えてもわかるように、女性は男性よりも『結婚、運命の人』に対する思い入れが強い。そこにはやはり、女が基本的に『受け身である』という事実が大きく影響しているだろう。

     

    例えば、

     

  • 『それを女から言わせないでよ』
  • 『プロポーズは男からするものでしょ』
  • 『男がリードしないでどうするの』
  •  

    といった決まり文句を考えてみても浮き彫りになるわけである。そんな中、健気に待たなければならない女心としては、そりゃあ少しでもいい男性と巡り合いたい。少女漫画でその妄想をかきたてるのは白馬の王子様だ。待てば待つほど、人生の儚さを知れば知るほど、自分の相手は、理想の人でいてほしいと願う。それが女心だ。

     

    うつ病治療

     

    ニワトリ

    男女ともそうだけど、女性の方がやっぱり運命の人を求めている割合が多いよね!『玉の輿』という言葉があって、『逆玉の輿』って言葉あるように、男の場合は『逆』になる。つまり、女性は男性によって人生を大きく変えられる可能性が高いっていうことだね!

    ぴよぴよ(シンデレラストーリーってことっすね)!

     

     

     

     

    この章のまとめ
  • 人間は、『自分が本来望んでいる理想像と現実の不一致』が心理的ストレスを感じる生き物。
  • 男性にとって結婚はスタートで、女性にとって結婚はゴール。
  •  

     

    300兆分の1の奇跡

     

    そして、ついに結婚することになった。しかし、心の中で声がする。

     

  • (この人は本当に運命の人なのだろうか?)
  • (後悔しないか?)
  • (他にもっといい人はいなかったのか?)
  • (もう、自分の人生はゴールしてしまうのか…)
  •  

    その心の揺れ動きが、マリッジブルーだ。それは、軽いうつ症状である。もちろん、うつ病だと騒ぐようなことではない。だが、確かにそこにあるのはうつ症状であり、気持ちがいつも通りではない。

     

    そんな時は、この数字を思い出したい。

     

    300兆分の1

     

    これは、科学的に考えた場合における、自分の両親が出会って自分が生まれた確率だ。数百万分の一が、事実上0と同じだと言われている中で、それを遥かに上回る数字をはじき出しているのだ。

     

    (いや、だからこそ相手を慎重に選びたいんだよ)

     

    ではない。

     

    『だから、そんな奇跡の存在の自分が決めた人なんだから、信じるだけの価値がある。間違っていたって、その間違いにだって価値がある。』

     

    と考えるのだ。

     

     

     

    ニワトリ

    マリッジブルーの考え方の整理をするときは、いつでもこの数字を思い出せばいいね!自分が生まれた確率でさえ300兆分の1。だとしたら同じように目の前にいる人との出会いと結婚も、それぐらいの奇跡の確率だったんだ!

    ぴよぴよ(でも、その人と離婚して違う人と結婚する確率も、300兆分の1くらいの感じがないっすか)?

    その方向で考えると犯罪者の正当化にも繋がるからね!『こんな以上犯罪者が出る確率は極めて少ない』とか言って!つまり、こういうことが言いたいんだ。

    ぴよぴよ(なんすか)?

    『刑務所の、鉄格子の間から、二人の男が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。』

    ぴよぴよ(うーむ、なるほど!深いっす親分)!

     

     

    この章のまとめ
  • マリッジブルーは、軽いうつ症状。
  • 自分の両親が出会って自分が生まれた確率は、300兆分の1。
  •  

     

    関連記事

  • うつの原因『昇進』。責任の増大と目的の達成
  • うつの原因『引っ越し』。過去の記憶の否定と執着
  • うつの原因『子供の独立』。子供に対する愛情と執着
  • 役割変化によるうつ的症状は、本人がそれを望んでいても起こる?
  • 病気がうつを招く。それは『当たり前』のことだ。むしろ喜ぶべき
  • うつになった原因を探すのは『神話』か『根本解決』か
  • 認知の歪みとは うつの人によくある11の偏った考え方・思考の誤り
  • うつは病気か甘えか
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP