うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

うつ病の克服

 

 

うつ病の克服に最も重要なキーワード『重荷を取って軽くする』

『心の重い荷物を少しずつ軽くする』、という考え方は、実に幾多ものうつ病関連の本に書いてあり、重要視されている。ここでは、その一部を紹介する。

 

 

うつ病に有効な食事や具体的な栄養とは?サプリメントは何が効く?

うつ病対策としては、食事やサプリ、薬等でセロトニンを出すことが重要だ。何しろうつ病の原因とは、明らかな原因はわかっていないが、『モノアミン仮説と神経可塑性』の仮説が考えられている。

 

 

うつ病克服の重要キーワード。『不一致』と『ストレッサー』

『うつ病の克服に最も重要なキーワード『重荷を取って軽くする』』という記事でも書いたが、『ストレス』という言葉の意味を紐解いたとき、そのキーワードの重要性がますます上がったようだ。

 

 

うつ病で罪悪感を覚える必要はない

療養が必要と診断されたとき、変に罪悪感を感じる必要はない。風邪やヘルペスと同じだ。そう診断されたとき、いちいち罪悪感を覚えることはないだろう。単純に、身体を休ませ、免疫力の回復をしようと、ビタミンCを摂取しようと試みるはずである。それと同じようにすればいい。身体の免疫力を回復させることを侮ってはならない。

 

 

うつ病は必ず治る。だから無理をしないで焦らずに

確かに、『片腕が切断された場合、もう二度と元の生身の腕は戻らない』ということはある。事故や何かで片腕や片足が、あるいは両手両足が怪我をし、あるいは感染し、そのままでは死に至るということで切断せざるを得なくなった。

 

 

うつは単なる『充電不足』。だとしたらまた充電すればいい

普通、充電が減ってきた携帯やカメラはどうする。普通に、単純に、淡々と、(さて、充電器は、と)ということで、充電する行為を行うことを考え、そしてそれを行う。排泄と同じだ。それも、『汗』などの無意識な排泄ではなく、

 

 

うつは一時のことだ。だから未来のことを思い煩う必要はない。

もし、うつが一生続くのであれば、それは『その未来』さえも鬱的な要因であり、更に自分の心身に重荷としてのしかかる。

 

 

うつを改善する為の秘訣は、『無』であり『空』だ。

うつの重要キーワードは、『うつ病の克服に最も重要なキーワード『重荷を取って軽くする』』の記事にも書いた様に、重荷を取って軽くすることだ。ということは、自分の頭、思考、考えること、つまりそれらは全て『脳』で行われているわけだが、この脳に何らかのアプローチをすればいいという事実が浮き彫りになってくる。

 

 

うつの原因は『執着』かもしれない。だとしたらやるべきことは…

やはり、まず人間は最初に執着があって、その執着している事実と現実とのギャップがあって、(こんなはずではなかった)として、心を崩していることが多い。

 

 

うつ改善のために有効なのは『容量の最適化』だ。

うつ改善のために有効なのは『容量の最適化』だ。『うつを改善する為の秘訣は、『無』であり『空』だ。』うつ病の克服に最も重要なキーワード『重荷を取って軽くする』』と併せて考えていきたい。

 

 

うつ病を焦って治そうとすることはピラミッドを一瞬で作ろうと考えることと同じだ

確かに、自分の心身から重荷を取っていけば体は軽快になることは間違いない。だが、全ての重荷を取って裸になって、温泉でのんびりと過ごしただけで全ての人の心の病が治るなら、精神的な病に関係するあらゆる医師たちは、苦労しないだろう。もちろん、本人も苦労はしない。

 

 

うつが少しでも回復したら迷わず自分を認めよう

ピラミッドの記事でわかるように、すぐに解決できる問題もあれば、時間をかけて解決する問題もある。うつの場合は、後者だ。そうじゃないなら、皆『傷心旅行』や『暴飲暴食』でもすればうつは治って終わりだ。

 

 

真夏のような暑い日にうつ的症状が出るのは当たり前だ。

今まさに、この記事を書いているときがその『真夏のような暑い日』であり、窓を開けても熱風が入り、虫が入るからそれも余計な心配で嫌だ。衣服は汗でびっしょりと濡れて気分が悪いし、エアコンを入れれば入れたで無駄に体が冷えて体調が悪くなる。

 

 

真冬のような寒い日にうつ的症状が出るのは当たり前だ。

真夏の様に、うだる猛暑や酷暑の日々。真冬の様な、凍てつく、凍える、極寒の日々。そんな日は、やはり通常通りの生活が送れなくて当然だ。気にする必要はない。

 

 

うつの時は自分のペースを掴むことが大切だ

その、『酷暑、極寒』の考え方に書いたが、『人によって体感温度は違って当たり前だ』という事実があるのだ。

 

 

うつの時はイライラの原因を排除せよ

例えばニキビなら、そこにあるのは『毒素』なわけだ。体が毒だと思ったものが吹出物となって体外に排出されることでニキビが出来る。ということは、ニキビは毒だ。毒を排出し、綺麗な体にしようとして、体が働くのである。

 

 

もし適度な責任を負う気持ちになってくれば、うつは治りかけている

少しでも自分にとって重荷だと思うのであれば、それを心身から排除することを最優先として生活していき、自分のペースを掴むことが大切なのである。

 

 

生きがいがなくなることはうつにとって重要な問題だ

『生きがいがなくなる』ということは、うつを患う人にとってはどういう影響があるだろうか。

 

 

うつで悩む人が悟るべき事実は『諸行無常』だ

上記リンク記事でも書いたとおり、うつで悩む人の共通点は、『自分の思い通りにことが運ぶと思っていた』という事実が、最初に存在しているということである。

 

 

うつで悩む人が悟るべき格言『勝って奢らず、負けて腐らず』

この言葉の意味は、いくつかの記事で書いた。人は、勝てば調子に乗って驕り高ぶり、負ければ塞ぎ込んで下を向きくよくよする。一言、そういう自分を俯瞰で見てどう思うだろうか。主体的で、地に足がつき、立派な人間だと思うだろうか。

 

 

うつで悩む人はもしかしたら『知らない』だけ

全知全能で、何も知らないことなどない完璧な人間だからこそ、そう思っていたのであり、それだけの発想が出来るということは、完膚なきまでの極めて優秀で完全な人間がそこにいるのだろうか。

 

 

うつで悩むのは仕方ない。だが、病気が悩んでいて治るならこの世に病院はない

要は、『悩んでいるだけで治る』なら、どんどん悩めばいい。例えば、『汗をかいたら治る』のであれば、どんどん汗をかけばいいし、『ぐっすり寝たら治る』のであれば、ぐっすり寝ればいい。

 

 

うつに効く考え方。自分の『好き』を大事にする。

つまり、『自分の見たいものだけを見る』という人間の特性に警鐘を鳴らしたわけだ。

 

 

真面目で完璧主義がうつになる。だが、完璧な人間など最初からいない

上記リンクで『思い通りにしようとしていた』ということで考えても、『自分が全知全能だと思っていてそれが崩れてショック』だという方向で考えても、そこにいるのは結局『無知な人』である。

 

 

うつ予防に有効な処方。それは『貯金』だ。

このように、『自分が重荷だと思う全てのものを、一切排除する』といっても、このお金の問題だけは自分から一方的に切り捨てられないところがある。

 

 

うつに効く言葉がなぜ『頑張らなくていい』なのか

よく、『うつ病の人に、『頑張れ』はNGワードだよ』というが、それは一体なぜなのだろうか。答えは上記リンクの記事を考えればわかるが、『頑張ったからうつになったから』なのである。

 

 

うつの時は、自分の命の価値や重みを理解するといい

またあるいは、『うつ予防に有効な処方。それは『貯金』だ。』に、自殺することの愚かさを書いた。自分の命の価値と重みを知るに、これ以上ない記事はない。それをここに載せよう。

 

 

ストレスはうつの大敵。自分の心身から一切のストレスを排除しよう

自分が少しでも『ストレス』、『重荷』だと思うことを、全て排除するのだ。そうするとまず、身軽になる。

 

 

ストレスはうつの大敵。だが、悲観視するのは間違いだ

確かに、ストレスは重荷であり、それらを自分の心身から全て排除していく考え方で間違いはない。しかし、悲観視。つまり、ここでいう悲観視とは、『そんなもの、最初から存在しなければいいのに』という、少し闇がかった発想をするのは間違いだということだ。

 

 

ストレスの原因が外部にあると考えたら、うつの改善になる

確かに、『インサイド・アウト(自分の心が変われば周りの環境は変わる)』発想は、極めて重要だ。 『アウトサイド・イン(自分の心が悪いのは、周りの環境のせいだ)』発想は、あまり感心されるものではない。

 

 

重いと感じる人間関係はうつの敵。そんな重荷は降ろすが勝ち

自分にとって重荷と感じるものは、全て降ろしていくことを考えていきたい。その中で、もちろん挙げられるのが、『人間関係』だ。人間関係は本当に重い。重いし煩わしいし、悩みの種である。

 

 

うつの時、一人になるのは良いのか。それとも悪いのか。

これら『重荷を取る』、あるいは『自分のペースを掴む』ということを考えた時、まず単純に考えた場合は、一人にならない方がストレスを溜め込まないで済んで、楽になる、という答えが見えて来る。

 

 

心がうつになるなら、心が晴れになるときもある。

この世には、『正負の法則』があるのだ。良い事があれば、悪い事もある。しかし自分にとって良い事は、ある人にとっては悪い事であり、自分にとって悪い事は、或る人にとって良い事の場合がある。

 

 

うつになった原因が『悪』を見たことなら、解決策がある

『心がうつになるなら、心が晴れになるときもある。』にも書いた様に、普通は快晴の日が好きだ。だが、そういう人の知らないところで、『私は雨が好き』という人がいる。またあるいは、『雨が降ってくれないから、作物が育たなくて困るなあ』という人がいる。

 

 

信じて裏切られたからうつになった。だから人を信じないのは正しいか?

『人間不信になった』という言葉を、私の周りでも発する人間はよくいた。だが、彼、彼女らが本当にその言葉の意味を理解しているかどうかは定かではない。

 

 

人が騙し、裏切り、嘘をつくからうつになった。だから自分は悪くない?

『自分は何もしていない。それなのに、相手が一方的に嘘をつき、騙し、あるいは真実を捏造し、隠蔽し、裏切った。だから絶対に、どう考えたって、100%の確率で、相手が悪いに決まっている。』

 

 

うつになった理由は八方美人ではないのか

。私の周りにも八方美人はいるのだが、彼ら、彼女らを見ていると一言、とてもめんどくさそうだ。そして窮屈そう。何をそんなに人の目を気にして生きる必要があるのか。彼らは必要以上に疲れている。いや、憑かれているように見える。

 

 

うつは心の病。指の病でも、爪の病でも、肝臓の病でもない。

つまり言いたいのは、『爪の病気じゃないんだから、爪の手入れをしたり、爪に効く薬を飲んでも何の意味がない』ということである。この、当たり前のことを当たり前に淡々と理解し、それに適した処置を淡々と取っていけば状況は改善される。

 

 

自分に価値がないと思ってうつになった。なら、自分に価値があると思えば終わりだ

正直、『自分に価値がない』と思う人がいるが、だったら『思えば終わりだろ』ということなのである。

 

 

体が冷えるとうつになる可能性も上がる

その冬の記事で書いた様に、人間は寒いと、体が動かない。暑くても同じことだ。単純に考えて、南極やエベレストの頂上付近で、何の防寒対策もせずに普通の精神状態でいられるだろうか。

 

 

冬にうつになる。だが、春と秋もうつの危険性がある

普通、こう考えると『気温の厳しい真夏、真冬にうつになる』というイメージが浮かんでくるわけだが、しかし、それら警戒季節ではない、春や秋にも注意が必要なのである。

 

 

鼻毛を切りすぎるとうつ病になる?

これらの記事で、『冷えは体に悪い』ということがわかった。ということで、体を冷やさないようにする、あるいは、汗をかくことの最適化をする、ということがそれらの対策になるということに繋がるというわけだ。

 

 

水分を摂りすぎるとうつ病になる?

何かを『し過ぎる』と、体に負担がかかるイメージを持ちたい。体を熱くしすぎる。体を冷やし過ぎる。鼻毛を抜きすぎる等、やはり、『いい加減』は、『良い加減』であることを知りたいのである。

 

 

気分がうつ気味なときに食べないのも食べなさすぎるのも良くない

気分が落ち込んでいると、食欲がわかない。風邪を引いているときなどを思い出してもそうだが、単純に、寝込むぐらいのことしかできないから、食事を摂らなくてもいい、という状態になるのだ。

 

 

人と比較するからうつになる。それをしたところで自分と同じ人間はこの世にいない

まず考えるべきなのは、以下の記事である。ちなみに、以下の記事は単なる記事ではない。この記事が捻出されるまでにかかった時間と労力は、なみなみならないものがある。

 

 

うつから少しでも抜け出そうと思っていたらあと一歩だ

要は、アウトサイド・イン(自分が今ある状況の責任は、自分にあるのではなく、他人や周り、環境にあるという発想をすること)的に、うじうじして、他力本願でいて、責任転嫁をし、自堕落な方向に歩いている以上は、それはほぼ『後退』に近い停滞である。

 

 

うつになったのは自分だ。もう一度言おう。『うつになったのは自分』だ。

そこには、アウトサイド・イン(自分が今ある状況の責任は、自分にあるのではなく、他人や周り、環境にあるという発想をすること)、インサイド・アウト(自分の現在の状況の打破のカギを握るのは自分であるという発想をすること)ということを書いた。

 

 

うつにとって大切なのは『一歩』だ。つまり、一歩でいいのだ。

例えば、この『ピラミッド』ということで考えただけでもうわかるのだが、焦って治そうとしても無駄だ。

 

 

うつになったと思う。だが、『うつになってない』と思う。

前者はあまり根拠のない、人間の感覚的な感想や予想であり、流れに任せて自然と浮かび上がってきた言葉であり、考え方だ。

 

 

無理にうつを治す必要はない。無理に今の自分を変える必要はない。

無理に今の自分を変える必要はない。無理に変えようとすると、文字通りそこには『無理』が生じる。それはつまり『負荷』であり、『負担 』だ。

 

 

人の期待に応えることを意識し過ぎるとうつになる

真面目で完璧主義な人ほど人の期待に応えようと思うわけだ。人に対して常に気を配り、それは相手の受け取り次第で『有難い事』にも『おせっかい』にもなるわけだが、

 

 

うつになるぐらいなら自分の感情を吐き出してしまえ

まず、うつの重要なキーワードは、『重荷を取って軽くする』ことなのだから、今回のテーマも同じように、鬱憤となって自分の心に溜まっているものは吐き出してしまう方が良い。

 

 

嫌われることを恐れずNOと言う。それがうつ予防や改善の秘訣

うつは楽観的か悲観的かと言えば間違いなく悲観的なのだから、そういうことになる。だが、そうすると何を言っても、『それが出来れば苦労しないんだよ。』

 

 

肯定的なひとり言がうつの薬になる

やはり、自分を肯定するということは大事だ。今の自分、ありのままの自分をまず肯定したいのである。なんせ、ありのままの自分が価値がないのであれば、もう生きていても意味がない。

 

 

『まいっか!』がうつの薬になる

つまり、これらに該当してしまう人は、なんだか気が付いたら心身が疲弊してしまうことが多いというわけだ。うつ病だけではない。

 

 

『死ぬわけじゃないしなあ』がうつの薬になる

要は、うつになる人は、悲観的で、くよくよしがちだということだ。『ちびまる子ちゃん』の藤木君を想定しながら考えれば、ほぼうつの対処法が浮かんでくるようになっている。

 

 

うつの人は考え方を変えよう。最高の機会を得ているのだ

ここには私の言葉を書いてもいいのだが、あえて、彼らの言葉を載せて終わりにしよう。

 

 

うつの人はいっぱいいっぱい。だから、対策は許容範囲を守ること

まず単純に考え、真面目で、完璧主義で、人目を気にして、一度決めたらそれをやらないと気が済まない、考えが固い、馬鹿正直な人がいた場合、彼、彼女は知らぬ間に自分の許容範囲を超えた行動を取ってしまったり、責任を負ってしまうことがあることは想像出来るわけだ。

 

 

うつの心を守るコツ。一気に全部をやろうとしない

『真面目で完璧主義』、あるいは『ピラミッド』の記事を見ればわかるように、どうもうつになる人は、『頑迷』であり、それを『頑固』だと思い違いをしているところがある。

 

 

うつになるのが悲観視が理由なら、楽観視すればいいだけだ

楽観視すればいいだけだ、と言って楽観視できるならそれにこしたことはない、と考える。つまり、と考えるわけだから、と考えないこともできる。

 

 

うつで呼吸困難になる場合はゆっくり休養し、深呼吸が必要だ

私も、うつではないが、心身を大分酷使しているとき、急に呼吸が浅くなり、息苦しくなったことがある。人生に経験がないことなので、意味が分からない。仮眠を取っても治らない。お風呂に入っても治らない。

 

 

いっそのこと寝よう。朝起きるとうつ的な症状も少し収まっている

夜に悩んでいたことも、朝起きると案外忘れてしまって、気持ちに余裕が出ていることがある。だからまずはたっぷり寝てしまって、朝、気持ちのいい日光の光を浴び、気持ちをリセットしたい。

 

 

うつに効く人間関係の改善方法。距離の取り方

私は別に、重度のうつではないが、軽度のうつなら、日常茶飯事的に感じているわけである。例えば、今も外の天気は曇天である。夏だから薄着なのに、気温が寒いから矛盾していて、冷えは体にも心にも悪いから、妙に気持ちが鬱屈としている。

 

 

うつだろうが風邪だろうが『疾病利得』があるなら治りにくい(1)

『うつ病で罪悪感を覚える必要はない』からと言って、逆に開き直ってもいけない。『疾病利得(しっぺいりとく)』とは、自分が病気であることで甘えていられる、病気でいるほうが楽だ、と考える人間の心理である。これが人間の心にあると、病気が治りにくくなる。

 

 

うつだろうが風邪だろうが『疾病利得』があるなら治りにくい(2)

『うつだろうが風邪だろうが『疾病利得』があるなら治りにくい(2)』と併せて考えていきたい。『疾病利得(しっぺいりとく)』とは、自分が病気であることで甘えていられる、病気でいるほうが楽だ、と考える人間の心理である。

 

 

うつの人は家族から回復をあまり期待すると追い込まれる

『うつに効く言葉がなぜ『頑張らなくていい』なのか』にも書いた様に、うつの人にあまり過度にプレッシャーをかけることは逆効果だ。何しろ、『頑張ったからこそ疲弊した』のだから。

 

 

『うつの回復=元の生活に戻る』ではない。

この事実を受け止めたら、大きく前進できるはずである。つまり、その『元』というのが間違っていたからこそ、崩れてしまったのだ。『崩れるようなものに依存していた』のである。

 

 

サザエさん・ブルーマンデー症候群のうつは、実は『惜しい』

『うつやうつ症状を伴う病や現象について』にも書いた様に、うつの症状といっても、軽いものから重いものまで様々な種類がある。

 

 

うつ患者の周りが『巻き込まれ型うつ』になる可能性について

『うつと落ち込みは同じだが、うつはまるでブラックホールだ』にも書いた様に、うつのエネルギーというのは、まるでブラックホールのようだ。

 

 

うつで自殺をしたくなったら。こころの支えが欲しくなったら。

うつと甘え、老化や喪失、これらの問題は簡単には結論を出せる話ではない。簡単に扱ってはならない。ここで扱うテーマが『命』である限り、安易に判断してはならない。

 

 

うつ病をオープンにし、なるべく多くの人を巻き込もう

『もし、このおもらしの件について自分の娘に話が出来ていないのであれば、そこにあるのは『見栄』である。』

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

あがり症

あがり症

あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP