うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

うつの時はイライラの原因を排除せよ

 

質問

うつ病を解決するときのコツはある?

 

答え

うつの時はイライラの原因を排除することを念頭に置きましょう。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

イライラして、ストレスになる。すると負荷がかかって、身体が重くなる。だとしたら、そのイライラの原因を全て排除しよう!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

うつの時はイライラの原因を排除せよ。

 

うつ病治療

 

  • うつ病の克服に最も重要なキーワード『重荷を取って軽くする』
  • うつ病は必ず治る。だから無理をしないで焦らずに
  • うつの時は自分のペースを掴むことが大切だ
  •  

    と併せて考えていきたい。

     

    うつの時には大事なのは上記リンクに記載した通り、

     

  • 重荷を取って軽くする
  • 自分のペースを掴む
  • 焦らない
  •  

    ということが重要になってくる。そんな中、嫌な事、イライラすることがあれば、それはもう完全に、

     

  • 重荷となる
  • ペースを乱す原因となる
  • 焦る要因となる
  •  

    わけだから、敵視すべき原因なのである。排除すべきだ。もちろん、『敵視』というのは過激な意味でも、器量の狭い人間が発するようなイメージではなく、例えば、

     

  • ニキビ
  • 薄毛
  • ED
  • ワキガ
  • 口臭
  •  

    のようなイメージだ。ワキガに関しては、国によってはフェロモンであり、薄毛に関しても格好いい禿げ方というのがあるから普遍的ではないが、後のことは往々にして『敵視の対象』である。

     

    例えばニキビなら、そこにあるのは『毒素』なわけだ。体が毒だと思ったものが吹出物となって体外に排出されることでニキビが出来る。ということは、ニキビは毒だ。毒を排出し、綺麗な体にしようとして、体が働くのである。

     

    ワキガであれば、

     

  • 欧米食の過剰摂取
  • 飲酒・喫煙
  • ストレス
  •  

    うつ病治療

     

    などが、その要因であり『敵視』すべき対象である。このようにして、それぞれの症状には、それぞれに敵視すべき対象があり、それらをまず敵とみなし、排除することを決意するところが、はじめの一歩となる。

     

    うつにとっては、イライラすること、いやなことというのは、敵視すべき対象であり重荷だ。思い切ってそういうことから自分の心身を切り離していこう。

     

     

    ニワトリ

    敵視というと、『敵』と書くから嫌な感じがするかもしれないけど、別にそれでいいんだよ!敵なんだから!例えば天敵がいてさ、蚊に刺されて病気を患って死んでしまうっていうことがあるわけで、そしたらその蚊は敵だからね!

    ぴよぴよ(ストレスも敵視するっす)!

     

    ちなみに下の図は、 ビル・ゲイツが発表した『人間に害を及ぼす動物(昆虫)』のランキングである。

     

     

    蚊が一位だ。そしてその他も人間にとっては天敵と言えるかもしれない。もっとも、二位に『人間』がランクインしているところが、面白いところである。

     

     

    この章のまとめ
  • それぞれの症状には、それぞれに敵視すべき対象があり、それらをまず敵とみなし、排除することを決意するところが、はじめの一歩となる。
  • うつにとっては、イライラすること、いやなことというのは、敵視すべき対象であり重荷。
  •  

     

    関連記事

  • もし適度な責任を負う気持ちになってくれば、うつは治りかけている
  • 生きがいがなくなることはうつにとって重要な問題だ
  • うつで悩む人が悟るべき事実は『諸行無常』だ
  • うつで悩む人が悟るべき格言『勝って奢らず、負けて腐らず』
  • うつで悩む人はもしかしたら『知らない』だけ
  • うつで悩むのは仕方ない。だが、病気が悩んでいて治るならこの世に病院はない
  • うつに効く考え方。自分の『好き』を大事にする。
  • 真面目で完璧主義がうつになる。だが、完璧な人間など最初からいない
  • うつ予防に有効な処方。それは『貯金』だ。
  • うつに効く言葉がなぜ『頑張らなくていい』なのか
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP