うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

ストレスはうつの大敵。自分の心身から一切のストレスを排除しよう

 

質問

うつ病とストレスってどういう関係性があるの?

 

答え

うつ病はストレス(負荷)のかけすぎによって引き起こされる可能性が高いものです。したがって、ストレス対策を万全にする必要があります。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

うつ病にとってストレスは敵。重荷だと思うことは全て排除しよう!だけど、気を付けなければならないことがあるよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 『ストレス』、『重荷』だと思うことを全て排除する
  • 後になってのしかかるストレスの方が、はるかに重い負荷となる
  •  

     

    目次

     

     

    『ストレス』、『重荷』だと思うことを全て排除する

     

    ストレスはうつの大敵。自分の心身から一切のストレスを排除しよう。

     

    うつ病治療

     

    この記事は、

     

  • うつの時はイライラの原因を排除せよ
  • うつを改善する為の秘訣は、『無』であり『空』だ。
  • うつ病克服の重要キーワード。『不一致』と『ストレッサー』
  • うつ病の克服に最も重要なキーワード『重荷を取って軽くする』
  •  

    と併せて考えていきたい。

     

    ここにリンクした記事をよく読めば、おのずと今回のテーマは見えて来る。自分が少しでも『ストレス』、『重荷』だと思うことを、全て排除するのだ。

     

    うつ病治療

     

    そうするとまず、身軽になる。身軽になると、元気よく生きていくことが出来る。ちょうど、砂漠や山道を歩くとき、手や背中に荷物があるのとないのとでは、その疲労感に雲泥の差が出てしまうように、やはり、自分の心身というものは、なるべく身軽がいいのだ。それで足取りが軽快になり、前に進んでいけるわけだから、何よりもまず、それを最優先にしたい。

     

    体脂肪が多い人は、同じような人々を集めては語らい、自分たちの生き方を正当化する節がある。だが、彼らの中の、代表格のような太った人が、マラソンの最中に気を失い、生死をさまよったということがあった。するとその人は、慌ててダイエットを始めたのだ。

     

    うつ病治療

     

    つまり、自分にとって体脂肪は別に、『生き様』であり、『誇り』ではなかった。命の危険にさらされたときに、初めてそれを認めることが出来た。本当は最初から、ただ単に欲望に弱いだけだった。

     

    ニワトリ

    『身軽になる』という言葉を曲解しないことが大前提だね!その太った人は、心底の部分では太った自分が嫌いだった。だけど、それを認めず、表層ではさも『あえて太っている』というシナリオをまかり通らせることで、自己防衛していた。

    ぴよぴよ(正当化は危ないっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 自分が少しでも『ストレス』、『重荷』だと思うことを、全て排除する。
  • 『身軽になる』という言葉を曲解しない。
  •  

     

    後になってのしかかるストレスの方が、はるかに重い負荷となる

     

    誰だって、カレーライスや焼肉やオムライスが大好きだ。ピザにはコーラが合うし、飲んだ後にはラーメンが美味い。フレンチトーストにアイスクリームを乗っけて食べたいし、屋台のクレープやケバブ、あるいはハンバーガーやタコ焼きは美味いし、美味しいレストランで好きなだけ食事をしたい。

     

    だが、そんな食事を続けていては、みるみる体は太っていき、いつか体を壊してしまうのだ。彼ら太った人は『食べないことがストレスだ』という主張をするが、実は、ストレスの重さで言うのなら、それを我慢せずに暴飲暴食し、後になってのしかかるストレスの方が、はるかに重い負荷となるのである。

     

    うつ病治療

     

    ということは、『我慢せずに食べる!好きなだけ食べる!失恋して、落ち込んで、気が滅入っていたから、我慢せずに食べる!』という行動は、ストレスの発散なのだろうか、それとも、逆効果になるのだろうか。

     

    答えは、『一時的なストレスの解消ということなら、その目的は達成される』だ。だが、それを継続してしまうと、ぶくぶく太ってしまい、書いたとおりの事実になるだろう。『重荷を取る』、『ストレスを溜めない』ということを考えるときは、その重荷やストレスがどのようなものなのか、ということを考えてから対処したいのである。

     

    例えば、砂漠や山道の件で言うなら、確かに身軽である方が体は軽快になる。だが、だからといって『靴』まで脱いでしまうと、それで得られるメリットは、『一時的な解放感』だけだろう。そのあとすぐに、石やがれきや木の枝に害のある昆虫、あるいは排泄物やガラスの破片などによって足は損傷していき、やがてその足は自分の足取りを重くする要因となり、のしかかるだろう。

     

    うつ病治療

     

     

    ニワトリ

    『一切のストレスを取り除く』という意味を曲解すると、例えば暴飲暴食を正当化することになる。だけど、暴飲暴食を繰り返していると、やがてそれが肥満や生活習慣病といった様々な弊害を招き、『ストレス』となる。そう考えると、言葉の意味をよく考えることの意味がわかるね!

    ぴよぴよ(うーむ、なるほど)!

     

     

    この章のまとめ
  • 暴飲暴食すると、後になってのしかかるストレスの方が、はるかに重い負荷となる。
  •  

     

    関連記事

  • ストレスはうつの大敵。だが、悲観視するのは間違いだ
  • ストレスの原因が外部にあると考えたら、うつの改善になる
  • 重いと感じる人間関係はうつの敵。そんな重荷は降ろすが勝ち
  • うつの時、一人になるのは良いのか。それとも悪いのか。
  • 心がうつになるなら、心が晴れになるときもある。
  • うつになった原因が『悪』を見たことなら、解決策がある
  • 信じて裏切られたからうつになった。だから人を信じないのは正しいか?
  • 人が騙し、裏切り、嘘をつくからうつになった。だから自分は悪くない?
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP