うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

心がうつになるなら、心が晴れになるときもある。

 

質問

何だかうつ気味で、やる気が起きない。どうすればいい?

 

答え

心がうつになるなら、心が晴れになるときもあります。曇りの日があれば、晴れの日があるのと同じです。つまり、皆同じ条件で生きていることを知れば、なんだか気持ちも晴れやかになってきます。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

晴れだと思えば曇ってしまう。雨だと思えば快晴となる。登山をすればそんなことの繰り返しになるよ!淡々と、移り変わるこの世の中と同じように、自分の気分が整うのを待てばいいんだ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 良い事があれば、悪い事もある。
  • まだ、生きている。
  •  

     

    目次

     

     

    良い事があれば、悪い事もある。

     

    心がうつになるなら、心が晴れになるときもある。

     

  • うつで悩む人が悟るべき事実は『諸行無常』だ
  •  

    と併せて考えていきたい。つまり、こういうことだ。

     

    『やまない雨はない。』

     

    うつ病治療

     

    美輪明宏は言った。

    恋愛がうまく行かない時は、良い仕事が来るもの。幸せを全部手に入れようとしたら命と引き換え。正負の法則であり地球の法則。

     

    この世には、『正負の法則』があるのだ。良い事があれば、悪い事もある。しかし自分にとって良い事は、ある人にとっては悪い事であり、自分にとって悪い事は、ある人にとって良い事の場合がある。

     

    例えば、普通は快晴の日が好きだ。だが、そういう人の知らないところで、『私は雨が好き』という人がいる。またあるいは、『雨が降ってくれないから、作物が育たなくて困るなあ』という人がいる。

     

    だとしたら、自分にとって良い事、悪い事、というのが存在するだけで、この世に元々、『良い事、悪い事』というのは存在しない。

     

    うつ病治療

     

    ニワトリ

    例えば今なんかも外は曇りだけど、昨日は晴れだったんだ!やっぱり晴れの日の方が仕事もはかどるし、気分がいいんだよね!だけど、『これ』が現実なんだ!そもそも『ずっと晴れだったらいい』っていうのは自分本位だからね!農家の人ならわかることだね!

    ぴよぴよ(雨が降らないと作物が育たないっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 『やまない雨はない。』
  • この世には、『正負の法則』がある。
  • 自分にとって良い事、悪い事、というのが存在するだけで、この世に元々、『良い事、悪い事』というのは存在しない。
  •  

     

    まだ、生きている。

     

    ドイツの精神科医、ヤスパースは言った。

    『もし、悪があるというのなら、それは私たちの意志なのだ。私たちの意志こそ悪でありえるのだ。』

     

    人間がいるからこそ、そこには『悪』がある。人間以外に、(ああ、あれは悪だ)として認識する存在があるだろうか。

     

    動物や昆虫や植物には天敵がいて、それから逃げるが、しかし捕まって殺され、食べられてしまうことがある。だが、彼らはその相手のことを『悪だ』と思っているだろうか。もし思っているというのなら、彼らには思考があり、思考があるなら、彼らはほぼ『人間』である。

     

    この世には、晴れがあり、雨があり、光があり、闇がある。白があり、黒があり、子供がいて、老人がいる。命は生まれ、ウイルスがあって、天敵がいて、皆一生懸命生きている。良い匂いがあって、良い景色があって、肌の色が違って、与えられた命の日数も違う。

     

    うつ病治療

     

    この世はそういう、混沌なのだ。この世にはそういう多様性があり、我々はその多様性の中の一部として生きているのだ。

     

    自分にとって、良いときもあれば、悪いときもあるだろう。だが、他の誰かも同じように好調になり、不調になっていて、いずれは皆、もれなく必ず、平等にこの世を去るのだ。

     

    どうせ死ぬんだ。だが、まだ、生きているのだ。見るべきなのは、まだ生きている、その事実だ。

     

     

    ニワトリ

    そんな多様性のある現実を生きている僕らが見るべきものは、『暗いもの』ではなく、『明るいもの』なんだ!こういう言葉があるよ!

    『刑務所の鉄格子の間から 二人の男が外を見た 一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。』

    ぴよぴよ(うーむ、奥が深いっす)!

    ただ、念のため以下の本を載せておくよ!カフカという絶望名人の考え方や生き方からは、学べるものがあるはず!

     

     

     

    この章のまとめ
  • この世には多様性があり、我々はその多様性の中の一部として生きている。
  • どうせ死ぬ。だが、まだ、生きている。
  •  

     

    関連記事

  • うつになった原因が『悪』を見たことなら、解決策がある
  • 信じて裏切られたからうつになった。だから人を信じないのは正しいか?
  • 人が騙し、裏切り、嘘をつくからうつになった。だから自分は悪くない?
  • うつになった理由は八方美人ではないのか
  • うつは心の病。指の病でも、爪の病でも、肝臓の病でもない。
  • 自分に価値がないと思ってうつになった。なら、自分に価値があると思えば終わりだ
  • 体が冷えるとうつになる可能性も上がる
  • 冬にうつになる。だが、春と秋もうつの危険性がある
  • 鼻毛を切りすぎるとうつ病になる?
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP