うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

鼻毛を切りすぎるとうつ病になる?

 

質問

鼻毛を切りすぎるとうつ病になる?

 

答え

鼻毛には、『冷たい空気が直接気管に入らないようにする』役割があります。体が冷えるとうつ気味になりますので、無関係ではありません。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

鼻毛とうつ病って、関係があるんだね!鼻毛が伸びていたらおかしいっていう考え方が完全に蔓延してるから、注意して確認したいことだね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

鼻毛を切りすぎるとうつ病になる?

 

うつ病治療

 

この記事は、

 

  • 真冬のような寒い日にうつ的症状が出るのは当たり前だ。
  • 真夏のような暑い日にうつ的症状が出るのは当たり前だ。
  • 体が冷えるとうつになる可能性も上がる
  • うつ病の克服に最も重要なキーワード『重荷を取って軽くする』
  • うつ病克服の重要キーワード。『不一致』と『ストレッサー』
  •  

    と併せて考えていきたい。

     

    これらの記事で、『冷えは体に悪い』ということがわかった。ということで、体を冷やさないようにする、あるいは、汗をかくことの最適化をする、ということがそれらの対策になるということに繋がるというわけだ。そういうことがそれらの記事に書いてある。

     

    うつ病治療

     

    では、『鼻毛を切りすぎると』というのはどういうことだろうか。実は、鼻毛には、下記といった役割があるのだ。

     

    鼻毛の役割
  • 体外にあるホコリやウイルスなどの異物を防御する
  • 冷たい空気が直接気管に入らないようにする
  •  

    だから、ブラジリアンワックスなどで脱毛をしてしまうと、実は体には大変悪い。モデルかなにかの仕事で、一時的に美を追求するときは仕方ないが、それでも原則として、鼻毛を抜いてしまうことはよくないのだ。

     

    うつ病治療

     

    だから対策としては、他人から見えないように、はみ出る部分だけを切り取るだけにとどめておきたい。私も正直、美の追求の途中で明らかに邪魔だし、鼻がムズムズするときは正直全部引っこ抜きたいのだが、役割がある以上は、鼻毛をキープしなければならない。

     

    鼻毛を切りすぎて、冷たい空気が気管に入って体が冷えてしまうと、うつ病の原因にもなる。様々な弊害をもたらす『鼻毛の切りすぎ』は、安易に考えない方が身のためだ。

     

     

    ニワトリ

    ブラジリアンワックスなんかで、鼻毛を全部引っこ抜いてしまう美容法があるけど、あれは完全に良くないんだね!本当は、美容のことさえなければ、鼻毛が少し外に出ているくらいのほうがいいらしいよ!だけど、美容の概念があるからなかなか難しいだろうね!

    ぴよぴよ(馬鹿にされる風潮があるっすね!いつか変わるのかなー)!

     

     

    この章のまとめ
  • 冷えは体に悪い。
  • 鼻毛の役割を確認する。
  • ブラジリアンワックスなどで脱毛をしてしまうと、実は体には大変悪い。
  •  

     

    関連記事

  • 水分を摂りすぎるとうつ病になる?
  • 気分がうつ気味なときに食べないのも食べなさすぎるのも良くない
  • 人と比較するからうつになる。それをしたところで自分と同じ人間はこの世にいない
  • うつから少しでも抜け出そうと思っていたらあと一歩だ
  • うつになったのは自分だ。もう一度言おう。『うつになったのは自分』だ。
  • うつにとって大切なのは『一歩』だ。つまり、一歩でいいのだ。
  • うつになったと思う。だが、『うつになってない』と思う。
  • 無理にうつを治す必要はない。無理に今の自分を変える必要はない。
  • 人の期待に応えることを意識し過ぎるとうつになる
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP