うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

うつになったのは自分だ。もう一度言おう。『うつになったのは自分』だ。

 

質問

うつ病になってしまった。何かアドバイスはある?

 

答え

うつになったのは自分です。もう一度言います。『うつになったのは自分』です。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

今回は少し深く立ち止まってもらうよ!僕の説明はほとんどなしでいく!

ぴよぴよ(うーむ)!

 

うつになったのは自分だ。もう一度言おう。『うつになったのは自分』だ。

 

  • もし適度な責任を負う気持ちになってくれば、うつは治りかけている
  • うつから少しでも抜け出そうと思っていたらあと一歩だ
  •  

    と併せて考えていきたい。そこには、アウトサイド・イン(自分が今ある状況の責任は、自分にあるのではなく、他人や周り、環境にあるという発想をすること)、インサイド・アウト(自分の現在の状況の打破のカギを握るのは自分であるという発想をすること)ということを書いた。

     

    オーストリアの心理学者、アドラーは言った。

    『「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。』

     

    うつになったのは自分だ。もう一度言おう。『うつになったのは自分』だ。

     

    ということは?

     

     

    ニワトリ

    『他人が鬱になった』のではない。『他人に鬱にさせられた』かもしれないけど、『鬱になったのは自分』なんだ!つまり、他人に嫌な思いをさせられても、『鬱にならない人がいる』事実がある。ということは、どういうことだろうか?

    ぴよぴよ(インサイド・アウトの発想っすね)!

     

    Check!!

    アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

    外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。

     

     

    この章のまとめ
  • インサイド・アウトの発想を理解する。
  •  

     

    関連記事

  • うつにとって大切なのは『一歩』だ。つまり、一歩でいいのだ。
  • うつになったと思う。だが、『うつになってない』と思う。
  • 無理にうつを治す必要はない。無理に今の自分を変える必要はない。
  • 人の期待に応えることを意識し過ぎるとうつになる
  • うつになるぐらいなら自分の感情を吐き出してしまえ
  • 嫌われることを恐れずNOと言う。それがうつ予防や改善の秘訣
  • 肯定的なひとり言がうつの薬になる
  • 『まいっか!』がうつの薬になる
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP