うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

うつの人は考え方を変えよう。最高の機会を得ているのだ

 

質問

うつ病になって気分は最悪。もうなにもやる気が起きない。どうしたらいい?

 

答え

考え方を変えましょう。『最高の機会を得ているのだ』と。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

『最高の機会を得ている』って考えることができない人もいるよね!でも、『考えることができる人もいる』よね!つまり『いる』んだ!いる以上は、答えはもう出ている!一緒に考えていこう!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

うつの人は考え方を変えよう。最高の機会を得ているのだ。

 

この記事は、

 

  • 真面目で完璧主義がうつになる。だが、完璧な人間など最初からいない
  • うつ病の克服に最も重要なキーワード『重荷を取って軽くする』
  • 肯定的なひとり言がうつの薬になる
  •  

    と併せて考えていきたい。ここには私の言葉を書いてもいいのだが、あえて、彼らの言葉を載せて終わりにしよう。

     

    ドイツの哲学者、ニーチェはこう言い、

    『昼の光に、夜の闇の深さが分かるものか。』

     

    アメリカの作家、ホイットマンはこう言い、

    『寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。』

     

    寺山修司はこう言い、

    『人生の暗い部分を見ない人間には、その深さはわからない。』 

     

    シェイクスピアはこう言いい、 

    『傷の疼きを感じたことのない者だけが、他人の傷痕を見てあざ笑う。』 

     

    明石家さんまは言った。

    『やさしさを持った人は、それ以上の悲しみを持っている。』 

     

    今の経験は、選ばれた者だけが受けられる資格試験だ。

     

     

    ニワトリ

    僕は結構人から誤解される性格でね、よく人間関係で対立することが多いんだ!最後には結局相手が泣き寝入りするんだけどね、僕は意志が強いから!10年だろうが20年だろうが曲げないからね!曲げる必要もないし!

    ぴよぴよ(よーく知ってるっす)!

    だけどね、そんな中、僕のことを理解してそれだけの時間をかける前に、思慮深く考えて真実を見抜いて、適切な対応をする人がいたよ!その人はね、糖尿病を患って大変な思いをしてきて、『人の気持ちをよく理解できる人間』になったんだ!

    ぴよぴよ(うーむ、かなり奥が深い話っす!あ、親分が下記にこの記事の黄金律をリンクしたっす)!

     

     

    Check!!

    ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

    人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。

     

     

    この章のまとめ
  • 偉人たちの言葉を熟考する。
  •  

     

    関連記事

  • うつの人はいっぱいいっぱい。だから、対策は許容範囲を守ること
  • うつの心を守るコツ。一気に全部をやろうとしない
  • うつになるのが悲観視が理由なら、楽観視すればいいだけだ
  • うつで呼吸困難になる場合はゆっくり休養し、深呼吸が必要だ
  • いっそのこと寝よう。朝起きるとうつ的な症状も少し収まっている
  • うつに効く人間関係の改善方法。距離の取り方
  • うつだろうが風邪だろうが『疾病利得』があるなら治りにくい(1)
  • うつだろうが風邪だろうが『疾病利得』があるなら治りにくい(2)
  • うつの人は家族から回復をあまり期待すると追い込まれる
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP