うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

躁うつ病の主な治療薬とその副作用

 

質問

躁うつ病の主な治療薬ってどんなものがある?またその副作用は?

 

答え

下記に主な治療薬とその副作用をまとめました。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

躁うつ病、つまり躁病とうつ病の場合に有効だとされる薬と、その副作用についてまとめたよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 1:躁うつ病の治療薬
  • 2:主な副作用
  • 3:薬の注意点
  •  

    目次

     

     

    躁うつ病の治療薬(カッコ内は代表的な商品名)

     

    気分安定薬

  • リチウム(リーマス)
  • バルブロ酸(デバケン、バレリン)
  • カルバマゼビン(テグレトール)
  •  

    抗うつ薬

    SSRI

  • フルボキサミン(ルボックス、デブロメール)
  • パロキセチン(パキシル)
  • セルトラリン(ジェイゾロフト)
  •  

    SNRI

  • ミルナシプラン(トレドミン)
  •  

    三環系抗うつ薬

  • イミプラミン(トフラニール)
  • クロミプラミン(アナフラニール)
  • アミトリプチリン(トリプタノール)
  • ノルトリプチリン(ノリトレン)
  • アモキサピン(アモキサン)
  • など

     

    抗精神病薬

    非定型抗精神病薬

  • アリビプラソール(エビリファイ)
  • オランザピン(ジプレキサ)
  • クエチアピン(セロクエル)
  • リスペリドン(リスパダール)
  • ペロスピロン(ルーラン)
  • など

     

    定型抗精神病薬

  • ハロペリドール(セレネース)
  • クロルプロマジン(コントミン、ウィンタミン)
  • レボメプロマジン(ヒルナミン、レボトミン)
  • など

     

    その他

  • 抗不安薬
  • 睡眠薬
  • など

     

     

    躁うつ病の主な副作用

     

    気分安定薬

  • リーマス:手の震え、のどの渇き、下痢
  • デパケン:眠気、吐き気
  • テグレトール:ふらつき、眠気、発疹
  •  

    抗うつ薬

  • SSRI:眠気、吐き気、めまい
  • SNRI:のどの渇き、便秘、吐き気
  • 三環系抗うつ薬:のどの渇き、便秘、眠気
  •  

    抗精神病薬

  • 非定型抗精神病薬:パーキンソン症状(手の震え、前屈姿勢など)、眠気
  • 定型抗精神病薬:体重増加、眠気
  •  

     

     

    躁うつ病の薬の注意点

     

    リーマスは商品名だが、実質は『炭酸リチウム』である。つまり、金属イオンであるリチウムが主な成分だ。躁うつ病の治療薬として使用されるが、主に躁状態の方に効果が強い。また、効果が出るまで『数日~二週間』ほどかかる。

     

    ただ、再発予防の効果があり、リーマスを飲むのをやめてから再発するケースがある。正しく使えば安全な薬だが、量が多すぎると中毒症状が出る。従って、定期的に血中濃度を測定する必要がある。異常がある場合は必ず医師に相談することが求められる。

     

    デパケン、テグレトールも気分安定薬として、リーマス同様に躁うつ病の治療・予防に効果がある。どれも血中濃度が上がりすぎない限り安全だが、テグレトールには低い血中濃度でも強い皮膚症状が出ることがある。必ず医師への相談を避けてはならない。

     

     

    ニワトリ

    薬を使用する場合は必ず医師の相談の下、用法用量を守ってね!

    ぴよぴよ(そうじゃないと危険っす)!

     

     

    関連記事

  • うつ病には本当に薬が必要なのか。医者の言うことは本当か
  • うつ病の薬は飲み切ることが大事なのか
  • うつ病の薬で眠ってばかりいることは良いのか、悪いのか
  • 薬の服用でうつ状態になることはあるのか
  •  

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP