うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

うつ病の診断

 

 

躁うつ病(双極性障害)の診断基準とは DSM-Ⅳ

異常なハイの時期と、どんよりとした鬱の時期。そしてそのどちらでもない時期がある『躁うつ病(双極性障害)』だが、その具体的な症状はどのようなものなのか。

 

 

自己記入式簡易抑うつ尺度(日本語版QIDS-SR)

国際的な臨床研究でも使われているQIDS(クイズ)。スターDと呼ばれるうつ病の薬物療法と認知療法の有効性について、3500万ドルの予算を投じ6年間にわたって施工された大規模研究で、患者の診断基準として用いられた実績もある。

 

 

甘えの診断基準(うつは病気か甘えか)

さに、このタイトルとピタリ一致する本、慶応義塾大学医学部精神神経科、准教授、村松太郎の著書『『うつ』は病気か甘えか。』(幻冬舎)には、『甘えの診断基準』として、こう記載されている。

 

 

うつ病の原因はストレスと不安!?どんな症状があるのかをチェックしよう

うつ病がなぜ発症してしまうのかは、医学の研究でもまだはっきりとは分かっていません。ただし、うつ病は1つの原因ではなく、様々な原因が組み合わさった状態で発症してしまうといわれています。

 

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

あがり症

あがり症

あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP