うつ病と吃音症の関係について考える

広告

 

>

 

うつ病と吃音症

 

改善されない原因となっている2大原則

※どちらも根本には自分が楽になりたいという気持ちがある

 

  • 【先に克服する項目】管理されたい願望
  • 被害者になりたい願望
  •  

     

    被害者意識を無くすために重要な考え方

  • 楽観主義者はドーナツを見、悲観主義者はドーナツの穴を見る。
  •  

     

    記事一覧

     

  • 吃音症が原因で話すことをふさぎ込んでしまうと、うつ病に近づいてしまう
  • うつ病の原因について理解しなければ、心を強化したり最適化することはできない。
  • うつ病と脳の関係を考え、詰め込みすぎる状態をなくし、整理するようにする。
  • ウツの症状を出さないために気持ちを安定させるには、人の気持ちを理解することが必要だ。
  • うつ病のエネルギーに支配されるのではなく、自分を支配するための目標をハッキリさせ感情をコントロールする。
  • 自分自身を理解して周りとの違いを気にしないことが感情のコンロトールにつながり、自分を守ることにもなる。
  • 悪い習慣に気づかないことがうつ病の原因になる可能性が高い。習慣になる前から改善していくことが必要になる。
  • 自分が楽をするという感情は、将来的なうつ病の原因のひとつになる可能性が高い。
  • 気持ちを張りすぎるのも、緩めることも、どちらもうつ病の原因になるので、ちょうどいい具合、バランスを保つことが大事だ。
  • うつ病の原因になる落ち込んだりすることをしないことが、自分の中に溜めてきた過去の問題を理解して改善することにつながる
  • 正しい判断ができなければ、全ての場面でうつ病につながる行動を取ってしまう
  • うつ病の診断を受けたとしても、その捉え方次第ではより前向きな人生に向かうことができる
  • うつ病や精神的な病は克服できないことはないと思うことが、原因に目を向けるキッカケになる。
  •  

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

     

     

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP