うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

うつ病の原因について理解しなければ、心を強化したり最適化することはできない。

 

 

目次

 

  • 1:心はとても繊細で敏感です。
  • 2:頭をからっぽにする。
  • 3:執着を手放す。
  •  

     

    心はとても繊細で敏感です。

     

    『もちろん体もです。もともと心と体は健康な状態を保つようにできています。ウツという状態は、体にとって心地いいものではありません。ですから、体は自然に悪いものを外に出してくれるのです。』と本に書いてある。

     

     

    自分の体の状態を知っていくことが、考え方を前向きにしたり、今は何をするべきなのかということを正しく考えられるようになっていく。

     

    自分の心の中に敏感な部分があったとしても、その部分を理解しなければ避けたり、強化したりと改善することもできないまま同じ状態になってしまう。

     

    また、自然によくなる部分があったとしても、その原因を改善することをしなければ、自然に悪いものを出していたとしても、すぐに悪いものが出てきてしまうという繰り返しになっていく。

     

    どんなことにでも原因となっている部分があることを、常に考えるような意識を持っていればその部分に目を向けるようになり、悪いものを作る原因もなくなっていく。

     

    周りや、人任せの考えが染み付いているのであれば、この悪いものを自然に外に出す、という体任せの考えになってしまい、自分で悪いものを外に出す、悪いものを作らないという考えを持つことができなくなってしまう。

     

    染み付いている反応的な意識が、こういった心の改善にも影響していることを考えていくことが、精神的な部分を改善することにつながる。

     

     

    頭をからっぽにする。

     

    『悩みは尽きないものです。特にウツの悩みはくるしいです。四六時中、頭の中はいろいろな考えでいっぱいだと思います。だから、頭をからっぽにすることを覚えましょう。なかなか難しいかもしれませんが、からっぽ、を身に着けたらウツ改善の第一歩です。』と本に書いてある。

     

     

    余計な事を考えすぎてしまう、無駄に意味のない事を思い込んでしまうことが、悩みにつながり、そのまま悪循環にはまっていってしまうことになる。

     

    ただ、考えなければ無駄な事をして、それが原因でウツになってしまうこともあるはずだ。

     

    普段から考えるべき事と悩みをしっかりと区別して、その場その場で何をするべきなのか正しく判断していくことが必要になる。

     

    頭をからっぽにして、気持ちを整理させることをしたり、必要のないことを考えすぎてしまう事をしないようにすることで、重要な考えができるようになる場合もある。

     

    今まで、本当に考えなければいけないことがあったとしても、自分の勝手な判断で考えることをしなかったり、単純に考えてしまい、誤った行動をしてしまうことが多くある。

     

    余計な事を考えすぎてしまうような場面は、自分の不安をなくそうとしていることが多く、周りのことが見えなくなってしまう。周りのことを考えられていれば自分に対しての悩みも減っていき、ウツのような気持ちが落ちることも減っていく。

     

    自分は今、何を考えるべきなのか、必要なことは何なのかを正しく判断するために、思い込んだりすることをなくすことが大事になる。

     

     

    執着を手放す。

     

    『人にはさまざまな欲求欲望があり、それが思うように満たされないと心がふさいでしまいます。究極的な欲求は生きることへの執着です。裏を返せば死への恐怖です。でも、心身がすこやかならば長生きしますよ。そして、面倒な執着も少しずつ減らしていけば放っておいても長生きしますから、大丈夫。』と本に書いてある。

     

     

    執着が自分を冷静ではなくさせていることを考えていかなければ、自分の意識の浮き沈みをより激しいものにさせてしまう。

     

    目の前に出てくる欲望に対して、気持ちを冷静に保つことができれば、浮つく方向に振れる事もなく、それが無くなった時に気持ちが落ちることもない。

     

    何かを欲することに対して自分の気持ちを第一に考えてしまうことが、欲望に支配されることになってしまうので、自分本位が直らなければ欲望を優先させてしまうことが続いてしまう。

     

    自分ではなく、周りのことを優先的に考えることができれいれば、自分自身の欲望に対して執着することなく、抑えることができるようになり気持ちの浮き沈みもなくなっていく。

     

    この、心の一番深くに染み付いている執着は生きること、ということなので、その生きるということに対しての執着を無くすためにいつ死んでも構わないと思えるほどやり残しをなくすために行動していくことが必要になる。

     

    わざわざ生きることに対して執着しなくても、勝手に生き延びている事を考えていけば、その部分に執着することもなくなり、欲望を優先させてしまう気持ちもなくなっていく。

     

    周りのことを優先的に考えらることが、執着をなくし気持ちを落ち着かせることに大事な部分になることを考えながら生活して、自分を優先させないようにすることが大事だ。

     

     

     

     

     

    参考書

     

     

    関連記事

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP