うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

うつ病の原因になる落ち込んだりすることをしないことが、自分の中に溜めてきた過去の問題を理解して改善することにつながる

 

 

目次

 

  • 1:結(しこり)をつくらない
  • 2:春と秋はうつの季節
  • 3:水分の摂りすぎがイライラのもと
  • 4:ものごとには全て、良い事と悪い事があります
  •  

     

    結(しこり)をつくらない

     

    『中医学では結と呼びますが、毛糸がこんがらがってしまったような状態、日本語ではしこりと言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。人間関係の中でそうしたものをつくらないようにしましょう。結ができて辛くなり、人とのつながりを切ってしまうと、これまでの積み重ねがゼロになってしまいます。うつうつと考え込むよりも思い切って動いたほうが心にとっては楽ですよ。』と本に書いてある。

     

     

    人との関係の中で、このしこりのように、上手くいかないことや、引っかかっていることがあると、スムーズにいかない原因になってしまう。

     

    ただ、勝手にこんがらがっている部分をほどけないと勘違い、思い込みをして、何かが引っかかっているような状態に自分自身でしてしまっていることを理解しなければ、この部分がほどけることも無い。

     

    このこんがらがっている原因をしっかり自分の中に見つけることをしていくことが、しこりを増やさないために必要になり、過去に作ったしこりを無くすことにもつながる。

     

    過去に作ってしまった、しこりを無くしていくことも必要だが、その前に新しいしこりを作らないようにすることが大事になっていく。

     

    新しいしこりを増やさなければ、今までのしこりが不要なものだということも理解でき、ピンポイントで改善できるようになっていく可能性が高い。

     

    人のせいにしてしまう前に、自分自身にあるしこりについて考えることが必要なことだ。

     

     

     

    春と秋はうつの季節

     

    『春も秋も気候がいいですね。ポカポカ陽気で心も楽しくなるでしょう。でも、うつには要注意の季節です。気持ちが良いから、ついつい外に出たくなります。けれども、以外に涼しくて外にずっといると、体は冷え切ってしまうのです。冷えはうつの大きな原因になります。』と本に書いてある。

     

     

    暖かくなれば、外に出たり活発になったりしやすくなり、それに伴い、気分も上がることがある。とくに自分が好きな季節、気候などがあるのであれば、それが余計に目立つようになる。

     

    涼しいのが好きであれば、この冷えはマイナスには働かないが、暖かい気候が苦手な人にとっては、ジメジメしたり暑い状況が気分を落ち込ませることになる可能性もある。

     

    寒さも、暑さも、自分が苦手だからと嫌いにならないようにして、逆に、その時期にしかできないことや好きになるためのことを考えることが重要になる。

     

    苦手の中でも、少しの楽しみがあればうつになるような、気分が落ち込むということはなくなっていく。

     

    流行りや、環境が変われば、それに合わせるように、季節や気温の変化にも自分から対応していくことが大事になっていく。

     

     

    無理やり対処するのではなく、その変化に合わせる行動をひとつの楽しみにしていくことが、プラスにポジティブ思考に変えていくということだ。

     

     

     

    水分の摂りすぎがイライラのもと

     

    『水分を取りすぎると体に湿が溜まります。湿とは文字通り湿気。つまり、体も心も湿気た状態になってしまいます。すると気が滞ってイライラしてしまうのです。そして、心がバテている時も水分の摂り過ぎの可能性があります。季節を問わず冷たいものは、心にもあまり良くありません。そうは言っても喉は乾きますから、そのときにはぬるい水かお湯を飲みましょう。』と本に書いてある。

     

     

    美味ししからといって、その場の自分の都合で水分をとっていることに対して、こういう形で考えることは今までなかった。

     

    ある程度水分を摂ることは当たり前だからするが、それ以上、必要以上に水分を取らないように、という自分自身にストップをかけるようなことは水分に対してはあまりしたことがない。

     

    たしかに飲み過ぎると、タプタプになり、体が重くなるような気もしないでもないが、それ以上に、自分に対しての我慢などの意識が大事になるような気がする。

     

    どんな場面でも、美味しいからといって必要以上に摂ってしまうことは、目の前の物に対してジャックされているということになるので、我慢して自分の気持ちをコントロールすることが必要になる。

     

    飲み物ひとつでも、自分の感情コントロールができるということを意識していけば、普段の生活の中でもトレーニングすることができるようになる。

     

    食事でも同じように、美味しいからといって食べ過ぎないようにすることが、トレーニングになるように、当たり前のように必要だからと意識しない水分でもトレーニングをするということを考えていくことが、改善することにつながっていく。

     

     

     

    ものごとには全て、良い事と悪い事があります

     

    『中国では陰陽と言います。つまりものごとには全て良い面、悪い面、良い事、悪い事があるということです。良い面だけを見て、いいことだけを考えましょう。それで十分です。』と本に書いてある。

     

     

    気持ちがネガティブな方向に向かってしまうと、良い面も悪い面もしっかりと判断何することができず、自然と悪い方向に向かっていってしまう。

     

    逆に良い面しか見れないような状態になると、気持ちが浮ついたりして、普段ないようなミスにつながってしまう。

     

    気持ちを上げていくためには、この本のように良い面だけをみるようにしていけば改善しそうだが、気持ちのコントロールができないまま良い面だけを見ようとすると、反動が大きくなり、逆に落ち込む場面が起きた時に、今まで以上に気持ちを下げてしまう可能性がある。

     

    まず、片方だけを見ていくのではなく、全てを平等に考えるようにしていくことが、気持ちの反動や波を作らないことに必要になる。

     

    気持ちの反動をなくせば、うつ的にネガティブに支配されることもなくなり、自然と気持ちをコントロールすることにつながっていく。

     

    また、いい面だけを見ようとしてしまうと、身の周り以外で起きていることに目を向けられなくなり、自分の中だけで判断してしまうようになる。

     

    視野を広く持てるようになれば、今の自分で落ち込んでいる時間や浮つく時間など必要ないということに気づき、自己コントロールするトレーニングにもつながっていく。

     

     

     

     

     

     

    参考書

     

     

    関連記事

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP