うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

うつ病の症状

 

 

ストレスを感じてないつもりでもストレスがあり、うつになる

ストレスというのは、それを感じている人の割合は実に多く、およそ7割の人が自覚してストレスを感じているという。程度の差こそあれ、人は生きていれば必ずと言っていいほどストレスを負うものなのだ。

 

 

躁うつ病と境界性パーソナリティ障害の症状の違いとは

このような症状が出た場合、『普段はおとなしいのに、急に自暴自棄かつ暴力的になり、一転してうつになる』というところがもうキーポイントだと思って、 この人はもう躁うつ病なのではないかと思うことがある。

 

 

躁うつ病と総合失調症(精神分裂病)の症状の違いとは

『急に暴言を吐いたり一人で笑い出すかと思えば、寝込むように気分が落ち込む』というところがもうキーポイントだと思って、 この人はもう躁うつ病なのではないかと思うことがある。だが、この場合は総合失調症である可能性高い。

 

 

躁うつ病(躁状態、うつ状態)の幻覚や妄想の特徴とは

躁うつ病(躁状態、うつ状態)の幻覚や妄想の特徴の一覧を掲載しています。

 

 

うつの症状チェック項目『物事への意欲の低下』

明らかに自分の感情を上手くコントロール出来ていないような状態があると、そこにあるのはうつの傾向の可能性もある。

 

 

うつの症状チェック項目『否定的な言葉を口にする』

しかしもちろん、こんな人は学生時代、クラスに1人はいたような印象がある。だから別にこれに当てはまるからといって、いちいち騒ぎ立てる必要はない。

 

 

うつの症状チェック項目『思考力の低下』

別にこれに当てはまるからといって、いちいち騒ぎ立てる必要はない。こんなことが誰にだってよくあることである。しかし、一つのサインとしては確実に見るべきポイントである。

 

 

日常生活に現れる、うつや抑うつ気分の徴候

それにプラスして、更に以下のような症状が見られれば、うつ気味になっているということがチェックできる。

 

 

うつが原因によって見られる身体症状とは

うつが人間の『心』にどのような影響を与えるかを考えているが、ここでは、『体』への影響を考える。特に多いのが『不眠』という症状だが、以下に、それ以外に見られる症状を記載する。

 

 

うつやうつ症状を伴う病や現象について

うつの症状といっても、軽いものから重いもの、よく聞くものから、珍しいものまでたくさんある。

 

 

引きこもりとうつの関係性はあるのか、ないのか

『まあ、僕らも引きこもりのようなものですからね。一日中ずっと部屋にこもってネタを考えていたりするから』

 

 

様々な精神疾患の種類とその特徴

精神疾患の種類は様々なものがある。『躁うつ病と境界性パーソナリティ障害の症状の違いとは』や、『躁うつ病と総合失調症(精神分裂病)の症状の違いとは』なども参考にしながら、それぞれの種類と特徴を確認していきたい。

 

 

うつと落ち込みは同じだが、うつはまるでブラックホールだ

『うつ病』や『躁うつ病』となるとまた別の印象がつくが、誰だってペットが死んだり、仕事で失敗したり、学校で恥をかいたらうつっぽくなるわけで、しかしそれは=うつ病ということにはならないことは知っているはずである。

 

 

逃避型うつの症状は精神的に追い詰められると発症する

そういう状態になると、原因から目を逸らしたり逃げたりできると症状が消えるが、すぐ同じ原因や別の問題でうつになり、また逃避する、ということを繰り返し続けるというものだ。

 

 

治療する立場の人から見たうつ病の徴候や症状とは

『うつ病の患者にとって、注意を集中することはきわめて困難である。彼らは、本を読んでもその内容が理解できず、他者が自分に何を言っているのかを把握することができない。人と言葉を交わすのもまたひどく億劫になる。

 

 

うつの人が抱えている問題解決が出来ない理由とは

うつ病の患者は、問題にぶつかってもそれをどうやって解決したらいいかよいのかという考えがまったく浮かんでこない。

 

 

うつ病で自殺する人の気持ちと自殺しないうつ

改善されるまでにかけた時間、労力、私がどれだけ喉を傷めて叱り続けたか、どれだけ殴りつけ、どれだけ将来の自分の子供の未来を想像させ、どれだけ重い制裁を課してきたか、ということを考えると、『よかったね』という言葉ではとてもすまされない、想像を絶する時間がそこにあった。

 

 

うつの人は感情をコントロールできない

うつの人は感情がコントロールできない。うつが重い時期は感情が表に出ない。従って、感情が表に出て来るようになったら、たとえどんな感情でも喜んであげたいのが基本的な心構え。

 

 

うつの人が『死にたい』と言っても無視する。それは間違いだ

『うつ病で自殺する人の気持ちと自殺しないうつ』にも書いたが、私が、幼少の頃に事故で兄を亡くした経験を持つ、『軽いうつ』である部下を厳しく指導することあgできる理由の一つには、『自殺をすることはないだろう』という前提があるからである。

 

 

子供のうつ病の特徴とその原因

子供にもうつ病があるように見える。どう考えても、大人のしっかりした人よりも大人の方が情緒不安定だ。急に泣きわめいたり駄々をこねたり、家出をしたりヒステリックになったり暴言を吐いたり。

 

 

青年のうつ病の特徴とその原因

それをすることで、いかに周囲の人に迷惑がかかるか、大人というものは子供と違って責任が重く、従って法律上でも年齢とともに全ての責務が課せられ、あるいは権利が解放される。

 

 

中高年のうつ病の特徴とその原因

リストカットは『10代~20代、未婚の女性に多い』と書いたが、実は、うつ病が最も多いのは中高年だという。40~50代。これが最も充実した人生であるとともに、ストレスにさらされる年代でもあるのだ。

 

 

高齢者のうつ病と認知症の特徴(仮性認知症・激越うつ病とは)

こういった症状が、認知症によく似ているのである。これを『仮性認知症』という。仮性認知症は、高次機能障害(失語・失行・失認)や人格の変化が進むことはなく、うつ病が回復すれば治る。

 

 

女性のうつ病はホルモンの影響もある。(産後うつ病・マタニティブルーズ)

特に見たいのは『青年のうつ病の特徴とその原因』の記事だが、ここで書いたのが『リストカット』についてだ。リストカットは10代~20代、未婚の女性に多く見られるという。

 

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

あがり症

あがり症

あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP