うつ病と吃音症の関係について考える

広告

 

 

うつ病と認知行動療法の研究

 

改善されない原因となっている2大原則

※どちらも根本には自分が楽になりたいという気持ちがある

 

  • 【先に克服する項目】管理されたい願望
  • 被害者になりたい願望
  •  

     

    哲学

  • 兄の分まで生きる
  • 身内の死を無駄にせず、自分の糧にして、生きていることが恥にならない行動を選択する。

     

     

    一生の目標

  • アシスタントとしてプロを目指す
  • ブレない気持ちを持ち、アシスタントで一流になることに集中する。

    黄金律

    一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

     

     


     

     

    常に持つ意識・考え方

  • 楽観主義者はドーナツを見、悲観主義者はドーナツの穴を見る。
  •  

    孔子は、一人一人が利他的になり、礼を重んじて徳を積み、仁を得ることが出来れば、この世に法律や刑罰などは必要ないと考えた。儒教の考えは『徳』による支配の為、支配者がしっかりしていれば法律など必要ないと説いている。

     

  • 徳による支配
  •  

    しかし、それに異を唱えたのは韓非子である。人間は孔子の言うような高潔な存在ではない。『利己』に走り、損をすることを回避しようとする。それが人間の本性というものである。従って、法律によって刑罰を整えれば、人はそれを回避しようとして、犯罪を予防できる。法さえ完備していれば、国の秩序は保たれるとして、法の重要性を説いたのだ。

     

    韓非子

     

    記事一覧

     

    前に進んでいないのではないか?と思うのではなく、毎日考えることで、0.01%でも進めていると考えるべきだ。

    100%になるまで継続してためていく: 10 / 100

     

  • うつ病の原因になる認知の歪みを把握して認知行動療法で治療する(さまざまな認知の歪み)
  • うつ病を克服するために行う認知行動療法とはどういう方法ですか?
  • うつ病の治療方法・認知行動療法によるメリットとデメリットとは?
  • 認知行動療法を実践することで、うつ病の原因になるストレスを緩和する
  • 元気の時やうつの時の心の法則を理解していくことでうつの考えから脱出できます。
  • 人と接する時の感情の動きを変えることにより、うつ的な考えから前向きな行動に変化させる。
  • 認知行動療法は深刻なうつ病にも効果的!投薬以外の治療選択肢!
  • うつ病対策で認知行動療法を行うための手順
  • うつ病対策の真実!薬物療法と認知行動療法の実態!
  • うつ病と日記の関係。必要なことは自分に合った行動を理解すること!
  • うつ病を自分で治す方法!病院や薬に頼らない方法とは?
  • 自分の認知パターンを理解しなければ、うつ病の原因になる行動も、歪んだ思考も改善できない!
  • 体や心の状態、反応を知ることで、うつ病や吃音症などの症状を未然に防ぐ。
  • うつ病の原因になるストレスを軽減させるために向き合う方法
  • うつ病を改善するためには自分の内側にある考えを理解しなければならない。
  • 気持ちの浮き沈みをコントロールできないことが、うつ病になる原因。
  • うつ症状が改善の方向に進んでいないと思うのではなく、改善されている部分にも目を向けるようにする。
  • うつ病を再発させないためには根本的な生活改善が必要
  • うつ病が再発しないための心がけと対処方法
  • うつ病と落ち込んでいる状態を見極め、正しい対処方法をおこなう。
  • うつ病と少しでも思い込む気持ちがあると、本当にうつの方向に向かってしまう。それを防ぐための気の持ち方とは?
  • 落ち込みとうつ病の潜在的な気持ちの違い方とは?
  • うつ病と心身のエネルギーの関係とエネルギーを補給する考え方
  • うつ病の状態とその症状を理解することで、手遅れになる前に対策できる?
  • 二歩下がったとしても、三歩進むことができていれば、結果的に改善に向かっている
  • うつ病と意識しないためにも疾病利得という心理をなくすことが必要だ
  • 本音を隠してしまう、誤魔化してしまう原因と考え方
  • うつ病の回復や問題の改善がスムーズにいかない場合の考え方と対策
  • 外部に対する依存をなくさなければ、判断力や決断力をつけていくことはできない。
  • うつ病に対しての考え方を改め、本当の気持ちと向き合うべきだ!
  • うつ病と紙一重の甘えた行動。その甘えの基準とそれぞれのタイプとは。
  • こころの病の考え方と判断基準、それは単なる甘えではないのか?
  • 感情が変化する理由について理解することができるのであれば、それはうつ(病気)ではない。
  • 当てはまる憂鬱(ゆううつ)の原因を把握することが気持ちを整理するための近道だ。
  • 表面的な治療ではなく、本当に治療のためになることについて理解することが大事だ。
  • うつ病だと思い込み、援用することで起こる問題とは?ただ、真実は本人にしかわからない。
  • うつ病の原因に近いものは、そのこと自体も病気が原因なのか?
  • うつ病かそうでないかの判断を正しくできなければ、目の前の問題を治療と思うことができない。
  • うつを病気と決めつけてしまっているのは社会(周り)であり、自分で決めつけてはいけない。
  • うつ病に過去などは関係ない。関係あるのは、現在の生き方だ。
  • ストレスに対する強さに個人差があるのであれば、うつ的症状に対する対処方法も自分に合った方法を見極めることが必要だ。
  •  

     

    アウトサイド(環境や身の周りなどの外的要因)のせいにするのではなく、インサイド(自分の心、本心)と向き合う

     

    環境が変われば違うことができる、という言い訳を考えてしまうのではなく、自分の心が変われば何でもできる、環境も変わっていく、という考えが必要になる。

     

    アウトイン

     

    黄金律

    アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

     

     

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    ↑ PAGE TOP