うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

うつ病の治療

 

 

精神医学と精神異常の歴史。うつ病と『解釈』。

かつて精神異常者は、中世まで、医療の対象とはならず、悪霊や精霊の仕業とされ、神秘性や当時の宗教観に支配されていた。古代ギリシャでは、ヒステリーは子宮の病気とされ、中世ヨーロッパでは、精神障碍者は『神により罰を与えられた人』等の扱いを受けていた。

 

 

うつ病に有効な5つの方向からの治療法とは

『うつは、心身のエネルギーが低下した結果、脳が司っている基本的な機能が低下して、感情をうまくコントロールできない状態である。』

 

 

うつ病治療に有効で必要不可欠な知識。間違った認識を改めよう

『心因性、内因性、身体因性』という原因の分別が、古い考え方であると説明する本がある。心因性と診断された人を追跡調査すると、3分の1以上が内因性と診断すべき状態になっていた、などの理由からである。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『上手な入浴法』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、入浴についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『音楽との向き合い方』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、音楽との向き合い方についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『自然との向き合い方』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、自然との向き合い方についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『笑顔のある生活』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、笑顔との向き合い方についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『ストレスに打ち勝つ良質な睡眠』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、睡眠との向き合い方についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『アルコールとの向き合い方』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、アルコールとの向き合い方についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『アニマルセラピー』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、動物との向き合い方についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『照明と自然光の最適化』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、照明と自然光の向き合い方についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『家具や部屋の最適化』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、家具や部屋についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『運動の最適化』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、運動についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『15分仮眠』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、仮眠についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『週に一度は休息モード』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、週に一度の休息についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

ストレスをストレスと思わなければうつにはならない

自分が、『ストレスに強く、ストレスを寄せつけない、ストレスとは無縁の人間』であれば、うつになるまでため込んで疲弊することはない。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『食事や栄養素』

これら、運動、自然、太陽光、動物、睡眠等と同様に、食事も極めて重要な要素の一つである。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『仕事をする時間の調整』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、アルコールとの向き合い方についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病予防・治療に役立つ『職場の人間関係の最適化』』

やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、職場の人間関係についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

うつ病治療に有効な主な心理療法

うつの治療にとって有効な心理療法はたくさんある。ここでは、『よくわかる最新医学 新版うつ病』(主婦の友社)『テキスト臨床心理学4』を参考にして、その内容を引用する。

 

 

うつ病を治そうと思うなら『三歩進んで二歩下がる』ペースが最適

それなのに、『三歩進めば三歩進める』と思い込んでしまうと、実際に二歩下がってしまったときに、焦り、ペースが乱れ、それが重荷となる。従って、最初から『三歩進めば三歩進める』と初期設定することが極めて重要となるのだ。

 

 

うつ病に効果のある6つの精神療法

うつ病には精神療法(カウンセリング)が有効であると考えられているが、ここではカウンセリング以外の精神療法として、代表的な6つの精神療法を記載する。

 

 

うつは一進一退で確実に回復させていくもの。風邪とはわけがちがう

うつは、いい状態と悪い状態を常に繰り返しながら、少しずつ回復していくものだということを理解する必要があるのである。『二歩下がった』ときに焦って無理をすると、むしろ悪化するということを知る必要がある。

 

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

あがり症

あがり症

あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP