うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

うつ病予防・治療に役立つ『運動の最適化』

 

質問

運動はうつ病予防・治療に役立つの?

 

答え

はい。適度な運動は、リラックス効果を得られます。運動しているときには、脳内で『ベータエンドルフィン』などの脳内麻薬と呼ばれる物質が、通常時の3~5倍も分泌されますし、良質な睡眠にもつながります。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

適度、過度ってあるけど、やっぱり大事なのは『適度な運動』だよ!お酒も薬も何もかも、適度がよくて、過度はダメなんだ!今回は適度な運動の恩恵について、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 適度な運動は、リラックス効果を得られる
  • <一つの事>しか思考できないという事実を『利用する』
  •  

     

    目次

     

     

    適度な運動は、リラックス効果を得られる

     

    この記事は、

     

  • うつ病予防・治療に役立つ『自然との向き合い方』
  • うつ病予防・治療に役立つ『笑顔のある生活』
  • うつ病予防・治療に役立つ『ストレスに打ち勝つ良質な睡眠』
  • うつ病予防・治療に役立つ『アルコールとの向き合い方』
  • うつ病予防・治療に役立つ『アニマルセラピー』
  • うつ病予防・治療に役立つ『照明と自然光の最適化』
  • うつ病予防・治療に役立つ『家具や部屋の最適化』
  •  

    と併せて考えていきたい。やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、運動についてもそれを最適化することが出来る。

     

    うつ病治療

     

    適度な運動は、リラックス効果を得られる。特に、有酸素運動は心身をリラックスさせる効果があり、精神的な安定をもたらす。

     

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • サイクリング
  • フラダンス
  • 縄跳び
  •  

    等、リズムが一定で動きがゆるやかなものがいい。あまり激しいと疲労物質が増えてしまい、それが逆にストレスとなってしまうので軽い運動がいい。

     

    うつ病治療

     

    運動しているときには、脳内で『ベータエンドルフィン』などの脳内麻薬と呼ばれる物質が、通常時の3~5倍も分泌される。これは、モルヒネの約6倍半の効果があると言われていて、苦痛をやわらげ、運動を長時間持続させる秘密がこの物質にあるのだ。

     

    こうした脳内物質を引き出す為にも有効だし、運動によって、心地のいい睡眠を促す為にも有効だ。

     

    ニワトリ

    脳内麻薬、それから良質な睡眠のためにも、運動はいいというわけだ!『ベータエンドルフィン』は、『ランナーズハイ』の原因物質とも言われているよ!長距離ランナーがこの状態になれば、そこから更に走り続けることができるってわけだね!

    ぴよぴよ(人間の自己防衛本能かなんかっすかね)!

    火事場の馬鹿力といい、人間の可能性は底知れないものがあるからね!

     

     

    <一つの事>しか思考できないという事実を『利用する』

     

    またそれだけではなく、注目するべきなのは以下の内容である。

     

    デール・カーネギー の著書、『道は開ける』にはこうある。

     

    --------------▼

     

    心の中から悩みを追い出すには

     

    忙しい状態に身を置くと言う単純なことで、なぜ不安を拭い去ることが出来るのだろうか? そのわけは、ある法則─心理学が明らかにしたもっとも基本的な法則のためである。その法則とは、どんなに優秀な頭脳の持ち主であっても、人間は一度に<一つの事>しか思考できないというものだ。

     

    あなたには信じられないかもしれない。では、実験してみようではないか。 まず、いすの背に上体を預けるようにして目をつぶる。そして『自由の女神』と明日の朝のあなたの行動予定とを同時に思い浮かべて欲しい。おわかりだろう。一つ一つを<交互に>考えることはできても、二つを同時に考えることはできないはずだ。

     

    これと同じことが、感情についても当てはまる。一方で、うきうきした気分で何かに夢中になっていながら、もう一方では、悩みの為に意気消沈するという二つの状態にまったく同時に身を置くことは出来ない。  一つの感情は別の感情を追い払ってしまう。

     

    そして、この単純な発見によって軍の精神分析医たちは、大戦中にいろいろと奇跡をおこなってきた。将兵たちが戦場で衝撃的な体験を重ね、『神経症』と呼ばれる状態で戻ってくると、 軍医たちは処方箋に

     

    『多忙にしておくこと』 

     

     

     

    と書き込むのだった。これら神経に変調をきたした人たちの起きている時間には、活動が詰め込まれた。ふつうは、魚釣り、狩猟、球技、ゴルフ、写真撮影、園芸、ダンスなどの戸外活動である。彼らにはおそろしい体験を思い出す時間が与えられなかったのだ。 

     

    『作業療法』というのは、労働が薬剤と同様の効果を持つと診断された際に、精神分析医が用いる専門用語である。だが、別に目新しいものではない。古代ギリシャの医師たちは、キリストの生誕よりも500年も前に、このことを主張していた! 

     

    --------------▲

     

    つまり、人間はどんなに優秀な頭脳の持ち主であっても、人間は一度に<一つの事>しか思考できないのだ。だから、前述したような運動や、料理、作業などをしているとき、一時的に悩みを忘れ、気楽にいられるのである。こうした事実を考えても、軽い運動というものは積極的に取りいれることが重要だ。

     

    重荷を取る方法は様々あるが、こうした運動の最適化も、そのうちの一つだ。無理は禁物だが、取りれられる全ての要素を取り入れていきたい。

     

     

     

    ニワトリ

    つまり、人間は一度に<一つの事>しか思考できないっていう事実を『利用する』んだね!それによって、料理や運動中なんかには他のことを考える余裕がなくなるわけだから、迷いや憂いが一時的にでもなくなるわけなんだ!

    ぴよぴよ(一時的じゃ意味なくないっすか)?

    いや、薬やお風呂や音楽だって、全部一時的だからね!そう考えると、うつになる時間だって一時的になる。つまり、リラックスする時間が増えれば、一体どっちが『一時的』なのかっていうことになるわけだ!

    ぴよぴよ(なるほど、うつの方を逆に一時的な方向に追い込むんすね)!

     

     

    関連記事

  • うつ病予防・治療に役立つ『15分仮眠』
  • うつ病予防・治療に役立つ『週に一度は休息モード』
  • ストレスをストレスと思わなければうつにはならない
  • うつ病予防・治療に役立つ『食事や栄養素』
  • うつ病予防・治療に役立つ『仕事をする時間の調整』
  • うつ病予防・治療に役立つ『職場の人間関係の最適化』』
  • うつ病治療に有効な主な心理療法
  • うつ病を治そうと思うなら『三歩進んで二歩下がる』ペースが最適
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP