うつ病治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

うつ病予防・治療に役立つ『15分仮眠』

 

質問

うつ病予防・治療に役立つのはどんなこと?

 

答え

色々ありますが、例えば仮眠をすることも効果的です。睡眠自体が体にいいのですが、状況によっては『仮眠』となることがあります。その場合でも効果は得られます。

 

こんにちは。ものしりニワトリです。この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

仮眠も睡眠も体にいいんだね!だけど気を付けるべきなのは、仮眠の場合は時間を意識する必要があるってことだね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 仮眠することで得られるメリット
  • 睡眠するなら15分の仮眠。睡眠しないなら30分寝ても大丈夫
  •  

     

    目次

     

     

    仮眠することで得られるメリット

     

    この記事は、

     

  • うつ病予防・治療に役立つ『音楽との向き合い方』
  • うつ病予防・治療に役立つ『自然との向き合い方』
  • うつ病予防・治療に役立つ『笑顔のある生活』
  • うつ病予防・治療に役立つ『ストレスに打ち勝つ良質な睡眠』
  • うつ病予防・治療に役立つ『照明と自然光の最適化』
  • うつ病予防・治療に役立つ『家具や部屋の最適化』
  •  

    と併せて考えていきたい。やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、仮眠についてもそれを最適化することが出来る。

     

    うつ病治療

     

    15分仮眠だ。このワードにポイントがある。では、なぜ15分かというと、眠りには3段階があり、

     

  • うとうと
  • すやすや
  • ぐっすり
  •  

    ということで、ぐっすりとした熟睡タイムに突入しなければ、起きたときに寝ぼけることがない。大体15分くらいで起床すれば、それが防げるのである。また、完全な居眠りでなければ、30分くらいでもいい。仕事が一息ついて、目をつぶってホットアイマスクをつければ、30分くらいあっという間に立つ。

     

     

    例えば私なら、眠くなるタイミングは、昼食前と、昼食後だ。昼食後が普通は推薦されている仮眠タイミングである。普通のサラリーマンであれば、昼食時間しか自由に使えないから、このタイミングで仮眠を取るのがいいだろう。

     

    私の場合は自由なので、11時30分までフル回転で頭を働かせて仕事をし、そのまま倒れ込むようにホットアイマスクをつけて30分横たわる。疲れた目に、温かいホットアイマスクが染みて気持ちがよく、眠りに入らなくても、気づけば12時前になっている。

     

    うつ病治療

     

    そのまま昼食を取り、その後2時間ほどしてご飯の消化のためにまた眠くなるから、そこでもう一度仮眠を取る。私の場合、家の環境が、深夜に騒音の問題が浮上するから、こうしてちょこちょこ寝ておくことで、夜なかなか寝れなくてもストレスが軽減されるのである。

     

    ニワトリ

    ホットアイマスクの登場は本当に革命だったね!それまでも、温タオルを目に乗せるのが効果的だということは常に言われていたけど、実際にそれをやるのは面倒だったんだ!芸能界にも愛用している人は何人もいるよ!

    ぴよぴよ(芸能人となんか関係があるっすか)?

    いや、これはただ、テレビで観ていて情報が入ってくるのが芸能人の情報ってだけで、実際には企業戦士たちの方が愛用しているかもしれないね!ホットアイマスクは、『仮眠をする理由』を作ってくれた頼もしい商品だと言えるだろうね!

     

    睡眠するなら15分の仮眠。睡眠しないなら30分寝ても大丈夫

     

    もし、居眠りをした後にスッキリ出来ず、逆に眠気が襲ってだるくなるという人は、この15分の一線を越えて睡眠してしまったということだ。私の場合は30分が普通だが、これは睡眠に入っていないため、起きてもだるさはない。しかし、目を閉じて眠ろうとするだけで、体が休息モードになり、酷使されていた目も休息することが出来るので、心身がリフレッシュされて、午後の仕事に活力を見いだせるのだ。

     

    実は、今ちょうど私はいつもより多めに寝てしまって、気が付いたら12時15分だった。ということは、私は『寝てしまった』のであり、しかも『45分』ほど寝てしまった。そうなるとやはり、頭がぼーっとしてしまっているのだ。いつもより多めに休憩したからより元気になっていると思いきや、逆で、少しだるさが残っているのである。

     

    うつ病治療

     

    したがって、

     

  • 睡眠するなら15分の仮眠
  • 睡眠しないなら30分寝ても大丈夫
  •  

    ということになる。これを守れば、一日に溜まる疲れやストレスから自分の心身を守ることができ、快活でいられるわけである。

     

    サラリーマンが熟睡防止をする為には、椅子で寝るのがいいだろう。そうすれば体が熟睡モードに入ることを予防できるので、少し疲れてきたら椅子で仮眠を取るのがコツだ。

     

    うつ病治療

     

    真面目で完璧主義がうつになる。だが、完璧な人間など最初からいない』にも書いた様に、真面目にやりすぎることは、かえって悪い結果を生み出すことになる。『真面目に休憩する』ことを念頭に置けばいいだけだ。仮眠がさぼっているように見えるのは、単なる知識不足なのである。

     

    重荷を取る方法は様々あるが、こうした仮眠の最適化も、そのうちの一つだ。無理は禁物だが、取りれられる全ての要素を取り入れていきたい。

     

     

    ニワトリ

    以前会社であくびをしているところをちょうど副社長に見られて、=さぼっていると勘違いされて、嫌な顔をされたことがあるけど、正直腹の立つ誤解だったね!本当にちょうどあくびをしただけなんだから!それに、あくびや仮眠は本当は気持ちの切り替えのために必要なんだ!

    ぴよぴよ(あくびもっすか)?

    あくびをする暇がないほど集中しろって思うかもしれないけど、『集中しているからこそあくびがでる』という可能性もあるんだ!熱くなりすぎた脳を冷ます役割があると考えられてもいるんだよ!

    ぴよぴよ(校長先生の話であくびが出たのは、小学生の脳では処理しきれない情報だったから、オーバーヒートしていたってことなんすかね)!

     

     

    関連記事

  • うつ病予防・治療に役立つ『週に一度は休息モード』
  • ストレスをストレスと思わなければうつにはならない
  • うつ病予防・治療に役立つ『食事や栄養素』
  • うつ病予防・治療に役立つ『仕事をする時間の調整』
  • うつ病予防・治療に役立つ『職場の人間関係の最適化』』
  • うつ病治療に有効な主な心理療法
  • うつ病を治そうと思うなら『三歩進んで二歩下がる』ペースが最適
  • うつ病に効果のある6つの精神療法
  • うつは一進一退で確実に回復させていくもの。風邪とはわけがちがう
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    あがり症

    あがり症

    あがり症のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP